ソネットのSIMパッケージとスマートフォン「Xpeira J1 Compact」のセット、イオンなどで販売

2015.3.20 19:40配信
ソネットの音声通話付SIMパッケージとソニーモバイルのスマートフォン「Xperia J1 Compact」のセット

ソネットとソニーモバイルコミュニケーションズ(ソニーモバイル)は、ソネットが提供するLTE通信「PLAY SIM」の音声通話付プランと、ソニーモバイルのスマートフォン「Xperia J1 Compact」のセットを、4月20日から順次、ソネットのウェブサイト、ソニーストアと提携店、イオンで発売する。先行予約販売は3月27日に開始する。

ソネットは、自社サービス向けスマートフォンの高付加価値ラインアップとしてソニーモバイルのスマートフォン「Xperia J1 Compact」を追加。NTTドコモのXi/FOMAネットワークに対応するLTE通信サービス「PLAY SIM」と「Xperia J1 Compact」のセット販売開始にあわせて、音声通話付きプランを新たに用意し、提供する。

「Xperia J1 Compact」は、約4.3インチの液晶ディスプレイを搭載。丸みを帯びたラウンド形状のアルミフレームと上質なマット仕上げの背面パネルを組み合わせることで、手に吸いつくような心地よいフィット感を実現した。2300mAhの長時間バッテリを搭載。指定したアプリケーションの待機中の動作を制限することで、電池の消費を抑える機能「STAMINARモード」を備え、バッテリを約2倍長持ちさせることができる。

約2070万画素の裏面照射積層型CMOSセンサ「Exmor RS for mobile」、画像処理エンジン「BIONZ for mobile」、明るく広角撮影が可能な「Gレンズ」など、ソニーのカメラテクノロジーを搭載した。また、独自のさまざまなデジタル信号処理技術をバランス良く組み合わせることで上質な音を楽しめる「ClearAudio+(クリアオーディオプラス)」を搭載する。

2.2GHzのクアッドコアCPU、2GBメモリ、16GBのストレージ、Bluetooth 4.0、おサイフケータイ、IPX5/8相当の防水、IP5X相当の防塵などを備える。OSは、Android 4.4。サイズは、高さ約128×幅約65×厚さ約9.7mmで、重さは約138g。価格はオープンで、税別実勢価格は5万5000円前後の見込み。

「Xperia J1 Compact」とのセット販売にあわせて新たに用意した「PLAY SIM」プランは、ユーザーニーズに合わせて柔軟なプラン設計を行い、ラインアップを拡充。ソネットのウェブサイトでセット販売する「プラン80M/day(V)」は、データ通信容量が日次80MBで税別月額1610円、端末の割賦料金込みの場合は月額3888円。ソニーストアで販売する「プラン2G/month(V)」は、データ通信容量が月次2GBで月額1580円。

イオンで販売する「PLAY SIM」プランの税別月額料金は、データ通信容量が日次70MBの「プラン70M/day(V)」が1480円、日次120MBの「プラン120M/day(V)」が1980円、日次200MBの「プラン200M/day(V)」が2980円。契約特典として、24か月間は、「プラン70M/day(V)」が200円引き、「プラン120M/day(V)」「プラン200M/day(V)」は400円引きになる。

このほか共通で、通話料金が30秒20円、SMS送信料は1通3円~30円。別途、初期費用3000円がかかる。最大通信速度はイオンで販売する「プラン70M/day(V)」が下り/上り14Mbpsで、そのほかのプランは下り150Mbps/上り50Mbp。それぞれ、データ通信容量が各プランの上限に達した場合は、通信速度を200kbpsに制限する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング