気がつけばお料理の水も冷たくなり、冬の足音が聞こえる季節になりました。

でも、ちょっぴり冬はニガテな隼人です。

体が冷えると体調も崩しやすくなりますし、キッチンに立つのも家事をするにも大変。なるべくなら家の中くらいは暖かく過ごしたいですよね。そこで、今年は寒さが厳しくなる前に僕なりに対策を講じてみました。

100円ショップやホームセンターで寒さ対策!

誰でも簡単に。ホームセンターや100円ショップで手軽に手に入るアイテムを使って、お家の中を暖かくしてみましょう。題して「隼人のぬくぬく大作戦!」です。

キッチンは底冷えが辛いんです

キッチンに立っていると、キッチンマットを貫いて床の冷たさが伝わってきますよね。足が冷えるってやっぱり嫌なので、定番アイテムで対策してみました。

・アルミシート(100円ショップ/ホームセンター)

ダイソー「アルミシート 厚手タイプ」

寒さを遮断する定番アイテムのアルミシート。リビングのカーペットの下、おこたつの下などに引いているよという声も聞こえてきます。今回はお安く100円ショップの物を選びました。

キッチンマットの下に引いて底冷え対策

キッチンマットの下に並べるだけ。でも、やっぱり効果はありますよ。ホームセンターではもっと厚手のものもありますけど、あまり厚さがあると躓いちゃったり、お掃除ロボットが通れなくなってしまうので、厚みはほどほどにした方が良さそうです。

リラックスできるはずの和室が寒い。原因は?

我が家の和室。ゆったり過ごせる大好きな空間なのですが、冬になるとなぜかゾクゾクするんです。原因はすきま風! 廊下からの冷気が、引き戸のすきまからやってきていたんです。

廊下側から見るとドアに隙間がありました
戸の合わせ部分も、こんなにスカスカです…

これだけスカスカだとエントランス〜廊下からの冷気がやってくるのも頷けます。これも対策してみましょう。

・すきまテープ(100円ショップ/ホームセンター)

ダイソー「すきまテープ」2種

すきまを塞ぐクッション素材のテープを100円ショップで見つけました。これで引き戸のすきま風対策です。長さや厚さの違う物があるので2種類用意しました。

引き戸にすきまテープを貼り付け
壁とのすきま部分もテープで塞ぎます
戸を閉めたときのすきまはなくなりました
合わさる部分のすきまもなくなってバッチリです!

引き戸の閉まる部分と、壁と合わさる部分にすきまテープを貼り付けてすきまを塞ぎました。廊下側から見ても光が漏れてこないので、これですきま風も来ないと思います!

「ハピママ*」更新情報が受け取れます