及川光博「人生何が起こるか分からない」 憧れのV3からトロフィー受け取り感激

2015.3.21 14:50配信
 トロフィーを手に喜びを語った及川光博

 映画『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』の初日舞台あいさつが21日、東京都内で行われ、出演者の竹内涼真、中村優一、稲葉友、半田健人、天野浩成、内田理央、高田延彦、倉田てつを、及川光博が出席した。

 幻の“仮面ライダー3号=黒井響一郎”を演じた及川は、観客から「ミッチー!」「黒井さーん!」と迎えられると「黒井さんかミッチーか統一しようよ。せーの」と歓声を先導。上演後のあいさつとあって、「皆さん興奮冷めやらない状態かと思いますが、僕も興奮しています」と初日の喜びを語った。

 一方、ゲストとして“仮面ライダー”に復帰した倉田は「久々に変身してしまいましたが、変身というのはいつやっても血がたぎるというか。うれしかったし楽しかった」と振り返った。

 ショッカーの大幹部ブラック将軍を演じた高田は、会場から起こった笑いに「そこで笑うのはおかしくない? 私がやっているとちゃんと気付いてくれましたか」と呼び掛けてさらなる笑いを誘った。

 デビュー20周年にして仮面ライダーになるという夢をかなえた及川は、20年後の目標を問われると、「それは確実に60代ですね。20年後…えーと、死神博士。何となくいけそうかな」と含みを持たせた。

 また“本物の3号”の証しとして仮面ライダーV3からトロフィーを受け取った及川は、「人生何が起こるか分からない。V3からトロフィーをもらうなんて。本当の仮面ライダー3号はあなただよ!」と感激した様子でV3と熱い握手を交わした。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング