ジム・キャリーとキアヌ・リーヴスが、インディーズ映画『The Bad Batch(原題)』で共演することになった。テキサスを舞台にした恋愛映画ということだが、ストーリーは明らかになっていない。監督はアナ・リリー・アマプール。ほかに、スキ・ウォーターハウス、ディエゴ・ルナなどの出演が決まっている。

その他の情報

撮影は4月にロサンゼルスで始まる。キャリーの最新作は、『Dumb and Dumber to(原題)』。リーヴスは、昨年秋、プロデューサーも兼任したアクション映画『ジョン・ウィック』をスマッシュヒットさせている。次回公開作はレニー・ゼルウィガーと共演する『The Whole Truth(原題)』。イギリス人モデルのウォーターハウスは最近女優業にも進出、ヒット作『ダイバージェント』にも出演している。

文:猿渡由紀

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます