相葉雅紀主演ドラマに足立梨花、藤井流星が出演 藤井は有村架純を追い回す“元カレ”役に挑戦

2015.3.24 20:20配信
 月9ドラマ初出演の足立梨花

 嵐の相葉雅紀が主演するフジテレビ系新“月9”ドラマ「ようこそ、わが家へ」の追加キャストが発表され、新たに足立梨花、ジャニーズWESTの藤井流星が出演することが分かった。

 池井戸潤氏の同名小説をドラマ化した本作は、相葉演じる気弱で争い事が大嫌いな倉田健太がふとしたきっかけから身の回りにさまざまな嫌がらせを受けるようになり、ストーカーの恐怖にさらされる。

 時を同じくして健太の父親(寺尾聰)は会社の不正と戦うことになり、ストーカーとの対決とともに企業ドラマのエッセンスも加味したサスペンスタッチのホームドラマが展開する。

 足立、藤井は共に初の月9出演。有村架純演じる健太の妹で女子大生の七菜の親友役を演じる足立は「不安とワクワクといろいろな気持ちが今の私に襲い掛かってきていますが、自分の持っているものを全て出し切り、先輩方に食らい付いていきたいです。新たな自分を出せるように一生懸命頑張ります」と熱く意気込みを語った。

 2013年の「ミス・パイロット」以来2年ぶり2度目の同局系連続ドラマ出演となる藤井は「子どものころからずっと見ていた月9に出演することは一つの夢だったので、すごくうれしいです」と喜びを語った。

 七菜を追い回す“元カレ”の役には「今までに演じたことのない難しい役柄なので自分的にも挑戦になりますが、主演が事務所の先輩でもある相葉雅紀くんなので、背中を見ながら一生懸命頑張りたいと思います」と語った。

 ドラマは4月13日午後9時から放送開始。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング