J・K・シモンズがL・ベッソン製作映画に出演

2015.3.25 12:17配信
『セッション』(C)2013 WHIPLASH, LLC All Rights Reserved

『セッション』で今年のオスカー助演男優賞に輝いたJ・K・シモンズが、リュック・ベッソンが製作する『The Lake(原題)』に出演することになった。監督は『イントゥ・ザ・ストーム』のスティーヴン・クォーレ。ベッソンのヨーロッパ・コープ社にとって、これまでで最大の予算をかけた期待作になる様子だ。

脚本は、ベッソンと『イコライザー』の脚本を手がけたリチャード・ウェンクが書き下ろした。物語は、セルビアの湖の下に眠るお宝を探そうとする戦士たちを描くもの。シモンズの役は、彼らの行動に決して賛成ではないものの、サポートをする年配の上司ということだ。北米公開は2016年7月の予定。

シモンズの次回作は、この夏公開の『ターミネーター:新起動/ジェニシス』。来年は、ベン・アフレック、アナ・ケンドリック共演の『The Accountant(原題)』も控える。

『セッション』
4月17日(金) TOHOシネマズ 新宿ほか全国順次ロードショー

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』
7月11日(土) 全国ロードショー

文:猿渡由紀

いま人気の動画

     

人気記事ランキング