ロジクールが6年ぶりにフルモデルチェンジ、BluetoothとUnifyingレシーバー両対応の高級マウス、

2015.3.25 20:32配信
ロジクール MX MASTER ワイヤレス マウス

ロジクールは、新世代のハイエンドマウス「ロジクール MX MASTER ワイヤレス マウス」(MX2000)を、4月2日に発売する。価格はオープンで、ロジクール オンラインストアの税別価格は1万2880円。

「ロジクール パフォーマンス マウス M950t」の後継として、6年ぶりにフルモデルチェンジした。本体は、持ち手部分に彫刻のような美しいデザインを採用し、手にピッタリとフィットして自然な形で固定でき、快適に使える。

ホイールはオートシフト機能を備え、回すスピードに合わせて自動でスピードシフトするので、長い文章やウェブページの効率的な閲覧を実現している。また、親指がフィットする部分にも水平スクロールやジェスチャー操作に対応したサムホイールを搭載する。

PCとの接続は、付属の「Unifying」レシーバーを使用する方法と、Bluetooth Smart接続の両方に対応。本体背面の「Easy-switch」ボタンによって、最大3台までのデバイスとペアリングして、簡単に切り替えられる。

トラッキング方式には、「ロジクール Darkfield レーザートラッキング(Darkfield Laser)」を採用し、ガラステーブルや光沢面など、一般的なマウスが機能しない場所でも正確でスムーズに使える。解像度は1000dpi。専用の「Logicool Optionsソフトウェア」を使えば、マウスボタンやホイールに機能を割り当てて、自分仕様にカスタマイズできる。

バッテリ駆動時間は最大40日。対応OSは、Windows 8/7、Mac OS X 10.8以降。本体は、サイズが幅85.7×高さ48.4×奥行き126.0mmで、重さが145g。レシーバーは、サイズが幅14.4×高さ6.1×奥行き18.7mmで、重さは2g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング