芸能生活50周年。五木ひろしが贈る唯一無二の舞台

2015.3.27 15:35配信
五木ひろし 五木ひろし

歴代のヒット曲をたっぷり披露するのに加え、和洋様々な楽器の演奏、さらに日舞洋舞も加わった「歌舞奏Special」。五木ひろしが贈る珠玉のエンターテインメントが4月、博多座に登場する。

五木ひろし 歌舞奏Special チケット情報

「『歌舞奏Special』は20数年前から始めて、いつかは博多座でもと思ってました。東阪名では定着していましたが、今回いよいよ博多で上演できて嬉しい」と、初の博多公演への意気込みを笑顔で語る五木。「歌手として、歌手ならではのステージを」という思いで作り上げてきた公演への自信を覗かせる。

第1部では日本の四季そのものを、歌や踊り、様々な楽器の演奏で表現。第2部は博多座初登場となる豪華ゲスト4名(布施明・都はるみ・八代亜紀・山内惠介)との豪華共演も話題だ。「布施明さんはとにかくあの歌唱力!名曲『マイ・ウェイ』を男同士で歌おうかな、とも考えてます。意外にコメディ的なことをやりたがる方なので、その辺りも相談中(笑)。都はるみさんとはお互いのデュエット曲をメインに。パワフルでステージを走り回る方なので、盛り上げたいですね。八代亜紀さんは最近ジャズを歌っているらしいので、オリジナル曲をジャズっぽく歌ってみたい。あと『舟唄』を僕のピアノで歌ってもらおうかと。山内惠介くんは皆さんの相手を務めてもらいつつ、上手なおしゃべりで盛り上げてもらう予定です」個性豊かなコラボレーションとなる2部は、ゲストによって演奏曲目もがらりと変わる。「ゲストには楽しんで頂けるんじゃないかと思いますが、全部に対応する僕は大変ですよね(笑)」

演奏する楽器の種類も幅広い。「今回はギター、フルート、サックス、琴、篠笛、津軽三味線、大太鼓、ピアノなど。演奏歴はギターが60年くらいで、ピアノは50年かな。三味線、フルート、サックスなどは30年前くらいから。できるようになるまでは大変でしたが、やってて良かったとしみじみ思いますね。今ではだいたい20種類くらいの楽器を演奏できます。楽器を始めてから『これにはサックスのイントロだね』とか、曲のメインになる楽器を自分で決めたりも。いつかは自分が弾くつもりなんです。唯一スタッフに断られたのはハープかな(笑)。大きすぎるって」

芸能生活50年を超えてなお、進化を続ける五木ひろし。その集大成とも言える舞台で、また新たなステージへと駒を進めそうだ。

公演は4月10日(金)から26日(日)まで福岡・博多座。スペシャルゲストは4月10日(金)~16日(木)が布施明、4月18日(土)~21日(火)が都はるみ、4月22日(水)~26日(日)が八代亜紀。山内惠介は全日程出演のレギュラーゲスト。チケットは発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング