忙しくてダイエットするヒマがないという女子! 忙しさをエクササイズしない理由にできなくなる本が登場しました。

その名も『モデルが、こっそり続ける 痩せてキレイになる ながらエクサ!』(井上雅喜著/マガジンハウス)。毎日の生活のなかでできる「ながらエクサ」は、週1スポーツジムに通うより、効果があるというのです。

著者は、ミスインターナショナルやミスユニバースなどに出場するモデルや、ファッション誌専属モデルなどへの指導歴が豊富な井上雅喜さん。

モデルがこっそり続ける「ながらエクサ」、生活のなかに取り入れてみませんか?

ベースは普段からの正しい姿勢

土台がしっかりしていない建物はいずれ倒れてしまいます。美しい体型を維持するための土台とは、普段からの正しい姿勢。

長時間のデスクワークや、長年生きてきたなかでついたからだのクセで、からだは歪んでいます。

下記の5点つけ姿勢チェックをして、正しい姿勢のイメージをつかみましょう。

まずは壁に後頭部、肩、お尻、ふくらはぎ、そしてかかとの5点をつけて立ってみましょう。

です。

この時、あごはひいて、視線はまっすぐ前へ。両肩を壁につけるのが難しい人は、背中が丸まっている可能性があります。

お尻の一番トップの部分を壁につけます。このとき腰の間に手のひら2枚分以上の隙間があると、骨盤が前傾している可能性大。

ふくらはぎの真裏の膨らみが壁にぴったりつくかどうかで、足のラインがきれいにまっすぐかどうかがわかります。

そして、両足のかかとを壁にくっつけて立つこと。これがすべての基本になります。

鍛えるべきは「ながら筋」

姿勢や体型の維持にか関わるのは主に以下の5つの筋肉。

名づけて「ながら筋」です。

ながら筋は連携して、鍛えれば体型を美しく、鍛えなければもっさり見えてしまう力を持っています。

たとえば、猫背で背中がまるくなると、背中の筋肉が引っ張られてゆるみがちになります。と同時に、肩が前に出ていわゆる巻き肩に。そうなると、胸の筋肉が縮こまり、硬くなります。

さらにお尻の筋肉が弱いと、ヒップは垂れ下がり、骨盤は後ろに傾くことに。そうなると自動的に下腹が前に出て、お腹の筋肉もたるみます。

あっという間にもっさり体型の出来上がり!

というわけで、鍛えるべきは、ながら筋。

・硬くなりがちな胸の筋肉

・ゆるみがちな背中の筋肉

・たれがちなお尻の筋肉

・たるみがちなお腹の筋肉

・つっぱりがちな太もも裏の筋肉

ながらエクサで、ながら筋のアンバランスを整え、太りにくいからだを手に入れていきましょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます