車を運転していて、ガソリンスタンドで給油する際に、ふと「給油口どっちだっけ?」となることがありませんか?

車の給油口は、車種によって、右側にある場合と、左側にある場合があり、統一されていません。

毎日のように運転する方は、自分の車の給油口が、左右どちらにあるかなんて、もちろん知っていますよね。でも、たまにしか運転しない方だったり、レンタカーだったりすると、覚えていないので、困ります。

そんなときに、一瞬で、給油口が左右どちらにあるかを見分ける方法があります。

えっ、燃料計に表示が!

実は、一般的な市販車の場合は、例外なく、燃料計(フューエルゲージ)に表示されています。

「えっ、どこに?」と驚いた方は、ぜひ自分の車でチェックしてみてください。燃料計に、燃料計のマーク(給油機のイラスト)があり、すぐ横に、三角形で方向が表示されているはずです。

あるいは、「FUEL DOOR(フューエルドア)」などと記載され、その横に三角形がある場合もあります。

この三角形の指し示す方向が、給油口のある側です。

毎回、車に乗るたびに見ているはずなのに、意外と気づかないんですよね。

これで、ガソリンスタンドで「あれっ?どっちだっけ?」となっても、焦らずに済みますよ。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます