フォーカル、スリープコーチシステム「LARK アンアラームシステム」、iPhoneであなたの睡眠状態を記録

2012.2.17 18:45配信
LARK アンアラームシステム

フォーカルポイントは、iPhone/iPad/iPod touchで睡眠状態を記録する米ラークテクノロジーズのサイレントアラーム付きスリープコーチシステム「LARK アンアラームシステム」を、2月16日に発売した。直販サイト「FOCAL STORE」と「OUTLOUD」での価格は9980円。

世界でもトップクラスの睡眠分野の専門家と協力して開発。睡眠を記録するコーチ機能と、振動だけで目覚める自分専用のアラーム機能を搭載する。アラームの設定や睡眠データの通信は、App Storeから無料でダウンロードできる専用アプリ「LARK UP」で、iPhoneなどとBluetooth接続で行う。

コーチ機能は、センサ本体に内蔵した「アクティグラフ マイクロセンサー」が、睡眠中のからだの動きを感知して数千件のデータポイントを記録。アクティグラフィー アルゴリズムによってデータ分析を行い、結果をアプリに記録する。

記録するのは、就寝までの「就眠時間」、睡眠中の「起床回数」、アラームセットした時間までの「睡眠時間」、睡眠パターンから割り出した「睡眠の質(10点満点評価)」、グラフ化した「睡眠パターン」――の5項目。

アラーム機能は、アプリ側で設定した時間に、アラーム音を使わずにセンサ本体の内蔵バイブレーションで快適に目覚める目覚まし機能。音がしないので、家族やパートナーを起こさない自分専用の目覚まし時計として使える。アラームは複数の時間の登録に対応する。

記録した睡眠の履歴は、「期間全体」「30日間」「7日間」の平均値を表示。1日ごとの睡眠に5段階評価をつけたり、「騒音」「トイレ」「病気」など、10種類以上のタグづけや、備考をテキストで記録したりできる。さらに、睡眠記録をFacebookやTwitterに投稿する機能も用意。「my LARKアカウント」を作成すれば、アプリで記録した情報をウェブで閲覧できる。

センサは、付属のネオプレーン製アームバンドで腕に着けて使用し、フリーサイズで通気性がよく、夏場でも快適に使える。重さは約18gで、着用しても気にならない。センサの電源は内蔵バッテリ。

対応機種は、iPhone 4S/4/3GS、iPad 2/iPad、iPod touch 第4世代/第3世代。センサは、サイズが幅42×高さ44×奥行き11mmで、重さは約18g。クレードルは、サイズが幅102×高さ95×奥行き35mmで、重さは約180g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング