文字入力で録音済み音声の頭出しができるアプリ、カシオ

2015.3.30 18:40配信
聞きたい部分を文字入力で探せるアプリ「キーワード頭出し ボイスレコーダー」

カシオ計算機は、録音済み音声から聞きたい部分を文字入力で探せる有料のiPhoneアプリ「キーワード頭出し ボイスレコーダー」と、顔写真からキャラクター画像を自動作成できる無料のAndroidアプリ「撮ってキャラスタジオ」を公開した。

「キーワード頭出し ボイスレコーダー」は、聞きたい部分を文字入力で探せるボイスレコーダーアプリ。独自の音声キーワード検索技術によって、新しい学び方や仕事効率化をサポートする。大学生の反復学習やビジネスの場での議事録作成などに幅広く活用できる。

例えば、録音した講義や会議で「新しいアプリ」に関する部分を聞きたい場合、検索窓にかな文字で「あたらしいアプリ」と入力して検索ボタンを押すと、「新しいアプリ」と発言する部分の候補一覧を表示し、すぐに聞いて確認することができる。

また、音声の無い部分を除いて再生時間を短縮する「無音スキップ」、2倍速や3倍速の早聞きができる「倍速再生」、講義や会議の雑音を和らげて聞きやすくする「ノイズキャンセル」、指定した秒数を飛ばして再生する「指定秒数スキップ」、録音/再生時にマーク・メモ・写真を貼り付ける「タグ付け」、他のアプリで録音したデータを取り込める「インポート」機能を備える。

iOS 7.1以降を搭載するiPhone 6 Plus/6/5s/5c/5/4S、iPod touch(第5世代)に対応する。価格は500円。より多くの大学生に学習支援ツールとして活用してほしいという思いを込めて、4月30日まで「大学生応援セール」として特別価格の300円で販売する。

「撮ってキャラスタジオ」は、顔の雰囲気をとらえたキャラクターを作成して新しいコミュニケーションを提案するアプリ。顔写真から輪郭や目、鼻などのパーツを抽出し、大きさや位置のバランスを認識してキャラクターを自動作成する。

上半身だけのものと、喜ぶ・怒るなどさまざまな表情やポーズに「ごめんね」や「ワクワク」などのセリフを合成したものを一度の変換で21パターン作成。このうち3パターンは無料で保存できる。全ての画像は、Android版が108円、iOS版が100円のアプリ内課金で使用できる。なお、4月30日までの期間限定で、無料で保存できる画像を6パターンに拡大する。

キャラクターの髪型やメガネの変更のほか、合成されたセリフの変更・削除も可能。それぞれ自動変換で選ばれたものも含め、髪型が全15種類、メガネが全12種類、セリフが全40種類あり、好きなようにアレンジできる。

完成した画像は、スマートフォン内に保存し、SNSや電話帳のプロフィール画像に設定したり、シェア機能によってLINEやFacebookのメッセージでスタンプ代わりに使用したりすることができる。キャラクター画像の保存データ形式はPNG形式。Android 4.0以降を搭載する端末に対応する。iOS版は4月に公開する予定。iOS 7.0以降を搭載するiPhone 6 Plus/6/5s/5c/5に対応する。

また、カシオでは、iPhone/Android端末向けの有償アプリのラインアップ拡大に伴い、カシオ製品に関連する無償アプリを含めたカシオ公式アプリのポータルサイトを開設した。

・「キーワード頭出し ボイスレコーダー」をダウンロード

・「撮ってキャラスタジオ」をダウンロード

いま人気の動画

     

人気記事ランキング