香港生まれのカメラバッグ「ZKIN」、カジュアル路線の「G」シリーズ

2015.3.31 12:59配信
上下2層構造の小型バックパック「Kampe」

フロントランナーは、香港のShine Republicが展開する「ZKIN(ジーキン)」ブランドから、よりカジュアルなデザインを採用したカメラバッグ「G」シリーズなど新製品を4月1日に発売する。

カメラバッグ「G」シリーズは、「Kampe(カムペ)」「Obia(オビア)」「Cetus(シータス)」をラインアップ。「Kampe(カムペ)」は、上下2層構造の小型バックパックで、三脚ポケット&ホルダや内蔵レインカバーなどのカメラバッグとしての機能が充実している。サイズは29×17×40cm。カラーはオレンジブラウンとバーガンディーベージュ。

「Obia(オビア)」は、着脱可能なコンパートメント(仕切り)が付属するショルダーバッグ。タブレット収納ポケットを内蔵する。サイズは29×17×38cm。カラーはオレンジブラウンとバーガンディーネイビー。「Cetus(シータス)」は、ちょっとした外出向けのショルダーバッグ。8インチ型タブレット端末の収納にも対応する。サイズは33×13×22cm。カラーはオレンジブラウンとバーガンディーベージュ。税別価格は、「Kampe」が3万4000円、「Obia」と「Cetus」が各1万9000円。

すべて、強度を増したナイロン地を採用。堅牢性を確保するとともに、タブレット端末や各種メディア用の多くのポケットを備える。また、インナーケースや中仕切りを外すと、タウンユースでも使える。

あわせて、ショルダーバッグ「RAW Amarok(ロウ・アマロック)」に新色アーミーグリーン、ミラーレス一眼カメラに適したカメラストラップ「Siren Mini(セイレン・ミニ)」に新色レインボーオレンジを追加する。税別価格は、「RAW Amarok」(アーミーグリーン)が3万5000円、「Siren Mini」が6000円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング