羽生結弦、世界フィギュア国別対抗戦に出場 「このままでは終わりたくない」

2015.3.31 17:14配信
 「一人一人の全力を」をテーマに掲げた羽生結弦選手

 「世界フィギュアスケート 国別対抗戦2015」の記者発表会が31日、東京都内で行われ、先に世界選手権で銀メダルを獲得した羽生結弦選手、宮原知子選手をはじめ、日本代表選手が発表された。

 同大会は、国際スケート連盟(ISU)が主催する唯一のフィギュアスケート団体戦。

 初の国別対抗戦に挑む心境を問われた羽生選手は「すごく緊張しています」とコメント。「一人一人の全力を」をテーマに掲げた。「やはりフィギュアスケートは最終的には個人の競技。チームとして戦うとはいえ、その中でいかにそれぞれが力を出し切れるかが一番大事になってくるので、僕は僕なりのやり方でやっていきたい」と冷静に語った。

 また、世界選手権後に「悔しいという一言」とコメントした羽生選手は、出場を決めた理由について「このままでは終わりたくないなという思いがあった。この悔しい思いは(次の試合までの期間が)長くなればなるほどちょっとずつ薄れてしまうと思うので、この悔しさを思いっ切りぶつけられる舞台ができたのはありがたい」と語った。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング