スティック型PC「m-Stick」にファン内蔵モデル、高負荷環境での性能が向上

2015.4.1 19:10配信
CPU冷却用マイクロファンを搭載したスティック型PC「m-Stick MS-PS01F」

マウスコンピューターは、Windows 8.1を搭載したスティック型PC「m-Stick」の新製品として、新デザインを採用したファン付き32GBモデル「m-Stick MS-PS01F」をマウスコンピューターウェブサイト、電話通販窓口、マウスコンピューター各ダイレクトショップ、家電量販店で4月下旬に発売する。税込みの直販価格は、2万800円。

手のひらに収まるサイズまで小型化し、持ち運びが容易なスティック型PC「m-Stick」シリーズの新製品。液晶テレビやPC用ディスプレイのHDMI端子に差し込むだけでWindows 8.1が使える。今回、シリーズで初めてCPU冷却用マイクロファンを搭載。高負荷環境下の性能を向上した。使用環境や用途にあわせて、今回のファン内蔵モデルまたは、よりスリムなきょう体を採用した既存のファンレスモデル「m-Stick NH1」から選べる。

CPUは、高い処理性能と低消費電力を実現し、タブレット端末などでも広く採用実績のあるAtom プロセッサー Z3735F(1.33GHz)を採用した。2GBメモリ、32GBのSSD、無線LAN、Bluetooth V4.0+LE、micro SDカードリーダー、フルサイズのUSB 2.0端子×1、HDMI端子×1を備える。OSは、Windows 8.1 with Bing 32ビット。サイズは、幅125×奥行き37.6×高さ14mmで、重さは約61g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング