パナソニック、BDプレーヤー2機種、上位モデルはネットワーク機能を搭載

2015.4.2 11:35配信
「DMP-BDT170」(左)と「DMP-BD85」

パナソニックは、BD(ブルーレイディスク)プレーヤーの新製品として、「DMP-BDT170」と「DMP-BD85」の2機種を5月22日に発売する。価格はどちらもオープン。

「DMP-BDT170」「DMP-BD85」ともに、1080pのプログレッシブ出力に対応し、ちらつきのな少ない映像を実現するとともに、BDの8ビットデータを12ビットに変換出力する「Deep Color」対応のBDプレーヤー。DVDの映像をフルHDにアップコンバートすることが可能で、1秒以下の高速起動および高速トレイオープンを実現し、ストレスなく快適に使用できる。

上位モデルの「DMP-BDT170」は、BDの24p映像を4K/24pにアップコンバートする機能を備え、4K対応テレビで高精細な映像が楽しめる。ネットワーク機能を搭載し、2015年秋に日本でのサービスを開始するVODサービスの「NETFLIX(ネットフリックス)」に、業界で初めて対応する。また、YouTubeの動画視聴ができ、「お部屋ジャンプリンク」対応なので、別室のレコーダー「ディーガ」で録画または受信した番組や、家庭内ネットワーク上のNASに保存した動画/写真/音楽ファイルを再生できる。

このほか、3D対応テレビに接続すれば、ブルーレイ3Dの再生ができ、ALACやDSD5.6MHz/2.8MHzといったハイレゾ音源の再生や、MPOの表示にも対応する。インターフェースは、HDMI出力×1系統、USB×1基、有線LAN×1基を備える。税別の実勢価格は1万5000円前後の見込み。

下位モデルの「DMP-BD85」は、業界最小・最軽量なので、狭いスペースにもすっきりと、楽に設置できる。インターフェースは、HDMI出力×1系統、USB×1基を搭載する。税別の実勢価格は1万1000円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング