パナソニック、4Kパススルー対応のホームシアターシステム3機種

2015.4.3 18:29配信
バータイプの本体とワイヤレスサブウーハーを採用した「SC-HTB885」「SC-HTB690」

パナソニックは、4Kパススルーに対応するホームシアターオーディオシステムの新製品として、シアターバータイプの「SC-HTB885」「SC-HTB690」、シアターボードタイプの「SC-HTE200」を5月22日に発売する。

3機種とも共通で、4Kコンテンツの著作権保護技術「HDCP2.2」に対応したHDMI端子を搭載。ブルーレイディスク(BD)プレーヤーなどの機器から受け取った4Kの映像信号をテレビに送信できる4Kパススルーに対応する。また、スマートフォンなどの音楽をBluetoothでワイヤレス再生できる機能や、声の帯域レベルを効果的に上げることで、聴こえにくい言葉を聴き取りやすく再生する「明瞭ボイス」を搭載する。

バータイプの「SC-HTB885」「SC-HTB690」は、低背設計で、テレビの前に置いても画面と重なりにくいほか、壁掛け設置も可能。サブウーハーはワイヤレス接続で、設置の自由度が広がる。

上位モデルの「SC-HTB885」は、サラウンド専用アンプとスピーカーを搭載し、それらを独自のデジタル信号処理技術で仮想的にサラウンド配置することで、前方のスピーカーだけで広がり感や臨場感をよりリアルに再現できる。一方、「SC-HTB690」は高性能アンプ「LincsD-Amp II」を搭載する。

「SC-HTB885」は、5.1chで実用最大出力が500W。テーブル置き時のサイズは1125×51×121mmで、重さは約3.1kg。税別実勢価格は8万円前後の見込み。

一方、「SC-HTB690」は3.1chで実用最大出力が350W。テーブル置き時のサイズは950×55×120mmで、約2.5kg。税別実勢価格は5万円前後の見込み。

薄型のボードタイプ「SC-HTE200」は、テレビの下に設置することが可能。薄型ボディにフルレンジユニットとサブウーハーをそれぞれ2個搭載し、迫力の重低音を実現した。実用最大出力は200W。低域部分を仮想再生する「H.BASS」を搭載し、小型スピーカーで再生することが困難な80Hz以下の低音を、擬似的に知覚できるように再現する。サイズは600×63×365mmで、重さは約5.9kg。傷がつきにくく、質感のあるガラス素材を天板に採用した。税別実勢価格は4万円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング