セブン-イレブンのコピー機を全面刷新、専用はがきプリントなどに対応

2015.4.3 18:19配信
セブン-イレブンに導入する新「マルチコピー機」

セブン-イレブン・ジャパンと富士ゼロックスは、セブン-イレブン店舗でコピーやファックス、写真プリントなどの各種サービスを提供している「マルチコピー機」を、4月から2016年1月末までに全面刷新する。

新たに導入するは、無線LAN機能を搭載し、無線LAN経由でプリントやスキャンに対応する。無料の専用アプリ「セブン-イレブン マルチコピー」を使用することで、スマートフォンの写真や文書をログインやパスワード入力を行うことなく、店頭で簡単に印刷できる。

スキャン機能では、スキャンデータの保存先に無線LAN経由でスマートフォンを指定することができるので、USBメモリなどの外部メディアを持ち込む必要がない。

新サービスとしては、備え付けの専用私製はがきや、手持ちの官製はがきに、好きな画像をプリント/コピーできる「はがきプリント」を提供する。なお、はがきへの印刷や、専用はがき用紙の標準搭載は、コンビニエンスストアの複合機としては初となる。

このほか、写真プリント用に富士フイルムの写真専用プリンタを備え、より自然な発色や色合いを実現する。また、プリント時に画像の撮影日ごとや、フォルダごとに検索することができ、画像を縮小してふちつきで画像欠けのない写真を印刷できる。

トップメニューもシンプルに刷新し、プリントサービスを1か所にまとめ、サブメニュー化するとともに、チケット購入など各種サービスのメニューもシンプルにまとめ、ボタンを大きく、押しやすくするなど、はじめて使う人にもわかりやすい画面構成を取り入れる。さらに、従来は本体の横に設置していた料金投入部を本体と一体化し、より使いやすくする。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング