男性グループ「2PM」のメンバー、ジュノが主演を務めたラブコメディ、ドラマ『油っぽいメロ(原題)』が10月26日(金)より、アンコール放送がスタート。

一夜にしてすべてを失った凄腕の料理人(ジュノ)とお嬢様(チョン・リョウォン)。そこに人情派のヤクザ(チャン・ヒョク)が加わり、閉店寸前の中華料理店を立て直す! 俳優としてもその実力を発揮し、注目を集めるジュノが本作にどのように挑んだのかを語った。

「仕事、恋愛、人間関係の話が含まれていて、何よりもコミカル」

――今作の何に惹かれて出演を決めたのですか?

ジュノ:まず面白そうだと思ったんです。僕がやることになった時は台本が1話しかできていない状況だったのですが、(チルソン役の)チャン・ヒョク先輩も(セウ役の)チョン・リョウォン先輩も出演されると聞いて、また何よりも脚本家のソ・スクヒャンさん(『パスタ〜恋が出来るまで〜』『嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!~』など職業恋愛ドラマを数多く手がける)への信頼が大きかったと思います。なので、楽しみにしながら準備をしました。

――どんなドラマになっていますか?

ジュノ:“熱い中華鍋の中でぐつぐつ沸騰したロマンス”がテーマなのですが、実は色々な内容が含まれています。

仕事、恋愛、人間関係の話が含まれていて、何よりもコミカルで漫画的な要素もある作品なんです。

見方によっては物語の展開が早く、不親切だと感じるかもしれないのですが、僕はむしろそれが魅力だと思います。

ぐつぐつ煮えたぎる中華鍋の中の材料たちのように、鍋をふるたびに回る材料のように、全てのものが弾けている、とても見やすいドラマです。

――演じられたソ・プンはどんな人物ですか?

ジュノ:仕事に対して我が強く、信念をもっている人物です。

ホテルのメインシェフ(料理長)ではなく、ス―シェフ(副料理長)ですがミシュランの二つ星をもらい、輝かしい功績を持っています。

ですが、一瞬にして奈落に落とされてしまい、そのホテルへ復讐することを誓うんです。その上、15~6年想っていた女性も一瞬でなくしてしまうという、とても複雑なキャラクターです。

そのため、いつも憤りや怒りを持っています。

――撮影前に公開された料理練習風景では両手で包丁を使ったり、中華鍋を扱う姿がとても素敵でした。

ジュノ:僕はこれまで料理とは縁遠い人だったので、最初は包丁さばきがとてもぎこちなかったです。

そんな僕が、あんなにも包丁が上手く使えるようになるなんて思いもしませんでした (笑)。

今回のドラマを通して中華鍋と包丁の使いかたを習ったのですが、中華鍋もあのように振ることができるようになったのは個人的にはすごいと思っています。

中華料理の新しい魅力を知ることができました。時間があれば周りの人にも作ってあげたいとは思うのですが、そのためには中華鍋と火力が必要なので、残念ながらたぶん作ってあげられないと思います。なので、注文して食べるということで(笑)

――怪我はありませんでしたか?

ジュノ:火傷も負いましたし、顔にも油がとんだりしたのですが、カメラはずっとまわっているので、痛いのを表に出したくなくて。

演技のいい流れを止めたくなかったですし、NGも出したくなかったので、我慢して撮影することが多かったです。火はとても危ないもので、怖いものですが、なるべく毅然に振る舞うよう努力しました。

先輩との演技は新しいことを学べるチャンス

――本作はジュノさんが主演、先輩俳優であるチャン・ヒョクさん、チョン・リョウォンさんが脇を固めましたがプレッシャーはありませんでしたか?

ジュノ:プレッシャーというよりは、いつも新しい作品をする度に、また何か新しいことを学べると思いながら作品に臨むように努めています。

そのため、先輩方から助けていただいた場面も多いですし、一緒に制作していきながら、これが先輩方と演技についてやりとりするという感覚なんだなと思いました。

自分が知らないことを学ぶことができました。

自分が行った台本の解釈は自分だけの解釈で、それを他の役者と合わせた時に生まれる相乗効果のようなものがあるじゃないですか? そんな相乗効果に対する期待が大きかったです。

――チャン・ヒョクさんとの共演はいかがでしたか?

ジュノ:本当にかっこいいお兄さんが出来たと思っています。

今回、僕がソ・プンでいたとき、チルソンという人物はとてもかっこいいキャラクターだなと個人的にも感じていました。

そしてそのキャラクターをチャン・ヒョク先輩が更にかっこよくして下さいました。チルソンほど、あのように自分の全てを見せられるような人はそんなにいないですよね?

実際にも撮影現場で僕を気遣って、話もたくさんしてくださいました。チャン・ヒョク先輩のおかげで撮影現場はとても楽しかったです!

――チョン・リョウォンさん演じるセウに翻弄されるキュートなラブシーンも多かったですが、撮影時のエピソードがあれば教えてください。

ジュノ:僕たちは2人でいた時間よりもハングリー・ウォク(チルソンが子分たちと営む中華料理屋)で全員が……うわぁ~思い出しますね~。

僕は台詞を覚えるのに結構時間がかかったので、3ヶ月間おにぎりを片手に車の中で他の俳優さんたちとの食事をする時間もなく、一人でたくさんある台詞を消化するために一生懸命覚えていたんですが、先輩が横でたくさん助けてくださいました。

雰囲気を理解しやすくしてくれたり、先輩が自信をつけてくれたり、そういうことが多かったと思います。

いつも横で大きな力になってくださいました。間違ったときも、「大丈夫だよ」と、「全然問題ないから、楽にやろう」という風に言って下さって。

現場のムードメーカーだったので、とても楽しく撮影できたと思います。なので、記憶に残るシーンというよりは、現場でチョン・リョウォン先輩と一緒にいたときの雰囲気がとても良かったです。

――ハングリー・ウォクは個性的なキャラが多く仲の良さが伝わってきました。ムードメーカーはどなたでしたか?

ジュノ:チョ・ジェユン先輩ですね。とても愉快な方で、とてもかっこいいんです。

後輩たちのことをよく考えて下さって、現場の雰囲気も良くして下さって、僕の台詞がたくさんあった時は、横で集中できるような雰囲気を作って下さいました。

僕たちだけで、メイキングを撮影してインターネットに挙げたり(笑)、面白い要素を作って下さいました。

――毎回美味しそうな料理が出てきましたが、撮影中は実際に食べられたのでしょうか?

ジュノ:はい! たくさん食べました! 作ったものはほぼ食べましたね。

ジャジャン麺、酢豚を一番多く作って、それ以外にもたくさん作ったのですが、プンが作る料理はレシピのない料理ばかりなんです。

新しく創作しなくてはいけない料理ばかりだったので、それらの料理を作る先生たちも大変そうでした、「これをどうやって作るか……」と。

なので、この世にはまだない料理をたくさん食べましたね。僕はジャジャン麺が一番美味しかったです! 酢豚も(笑)。

「韓流ぴあ」更新情報が受け取れます