しっかり働いて、心身共に“お疲れモード”な仕事終わり。この時間帯は気になる男性にLINEを送り、距離を縮める絶好のタイミングだとご存知ですか?

念願叶ってカップルになれば、朝に「おはよう」LINEを送るのも良いですが、まだお付き合いしていないなら、「仕事終わりLINE」を上手く活用したいもの。

仕事終わりは多少なりとも疲れているので、パワーが弱っている時間帯。そこにLINEを送ってエネルギーを与えることで、男性のあなたを見る目が変わります。

今回は、男性が「仕事終わりに届くとキュンとする!」と感じる、気になる女性からのLINEメッセージをご紹介します。好きな男性がいるなら早速、これを読んだその日からトライしてみてください。

「今日もお疲れ様」

「お疲れ様」はとてもメジャーなねぎらいの挨拶。会社でも度々使う言葉ですよね。同僚や上司に遭遇すると、無意識のうちに口をついて出る言葉かも。1日に何度言ってるんだろう…レベルの超頻出ワード。

仕事終わりなら男性にも「お疲れ様」は有効です。気になる相手からの「お疲れ様」は、仕事関係者との間で交わされる無意識下の「お疲れ様」とは違い、優しさや気遣いをダイレクトに感じられる言葉だから。

特にハードなプロジェクトの真っ只中だったり、疲れが溜まりやすい週半ばだったりすると、気になる相手からの「お疲れ様」が心身に染み渡るのではないでしょうか。

実際男性たちに聞くと、「お疲れ様、とLINEが来るのは嬉しい」との声が多いです。「お疲れ様」の後に笑顔や小さいハートなどの絵文字を入れると、癒やし度がさらにアップします。

「明日1日がんばれば休みだね」

職場環境に不満を感じていたり、異動したばかりで周囲に溶け込めずストレスを感じていたり、仕事に疲れていたり…以前、それらの状況に当てはまる男性にこんなLINEをしたところ、とても喜ばれたことがあります。

「そう励ましてくれて嬉しい」「明日1日がんばろうと思えた」など、男性の心の支えになるメッセージだったようです。「休日」という楽しみな予定はもうすぐだよ、と言葉にしてあげることで、男性の気力も湧いてくるのです。

どうしても仕事がつらい、しんどいと感じることはあります。誰にだって、思うように上手くいかない時期もあるからです。そんなときに男性を勇気付ける仕事終わりLINEをしてあげるのはとても有効です。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます