パナソニック、ボール形の“創風機”「キュー」、サーキュレーターと扇風機が一つに

2015.4.7 13:20配信
空間全体の空気を効率よく攪拌・循環する扇風機「創風機 Q(キュー)」

パナソニックは、誘引気流の特性を最大限に発揮する独自のボール形状によって、サーキュレーターと扇風機の一台ニ役を備えた「創風機 Q(キュー) F-BL25Z」を5月20日に発売する。価格はオープンで、税別実勢価格は4万円前後の見込み。

吸気口から吸い込まれた風量を増幅する誘引気流構造によって、直進的でパワフルな風を送り、空間全体の空気を効率よく攪拌・循環する扇風機。夏はもちろん、冬場の暖房使用時の室内の温度ムラを解消するサーキュレーターとして、年間を通して利用できる。

パナソニックが25年以上研究してきた自然のリズムで心地よく自然に近い風「1/f ゆらぎ」を搭載。蓼科高原に吹く風を計測し、波形から運転制御プログラムを開発した。各風量に合わせて細かくDCモーターの回転数制御を行うことで、自然に近い風を実現。不規則な強弱の風が、体温低下を緩和し、長時間あたっても疲れにくく、心地よい風を送り出す。

このほか、5段階の風量切替えや1時間・3時間の「切タイマー」を搭載。「360度フォルム」で送風方向が選べる。サイズは、幅250×奥行き250×高さ277mm(直径250mm)で、重さは2.1kg。カラーは、クリスタルレッド、シャンパンゴールド、パールホワイトの3色。季節や使用場所を選ばないコンパクトデザインを採用した。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング