“観客の下心にも応えられる”舞台『禁断の裸体』

2015.4.7 18:20配信
舞台『禁断の裸体』 公演の様子 舞台『禁断の裸体』 公演の様子

舞台『禁断の裸体』が4月4日より開幕。初日に先がけて囲み会見が行なわれ、出演する内野聖陽、寺島しのぶ、池内博之、野村周平、上演台本と演出を手がけた三浦大輔が出席した。

【チケット情報はこちら】

ブラジルにおいて20世紀で最も重要な劇作家と評されるネルソン・ロドリゲスが書いた戯曲を、日本とブラジルの外交関係樹立120周年を記念して上演する同作。妻を亡くした男、エルクラーノ(内野)は、息子であるセルジーニョ(野村)と、セルジーニョを溺愛する3人のおばと一緒に暮らしていた。ある日、妻を亡くした哀しみを乗り越えられないでいるエルクラーノを見かねたおば達は、彼の弟であるパトリーシオ(池内)に神父に相談するように勧める。しかし彼は神父のところへは行かず、馴染みの娼婦ジェニー(寺島)のところへ行き、兄と関係を持つよう持ちかけ、彼女の裸の写真を持ち帰る。その事を知ったエルクラーノは憤怒するが、写真を見て心を乱し、ジェニーを訪ねてしまう・・・。

キャストによる下着姿1枚のビジュアルも注目を集めていた同作。過激な舞台描写で知られている三浦の演出だが、実際に演出を受けてみての感想を出演者は「過激だと思っていたんですが、実際に演出を受けてみて、過激さを表現したいからという過激さではなくて、人間を見つめると過激さは避けて通れないものなんだと気づかされました。噂だと役者が泣かされると聞いていたので、実は怖かったんですが(笑)凄く紳士的で素晴らしい演出をされる方だと思いました」(内野)。「三浦さんは女をボコボコにするとか、稽古が始まる前は周りに結構脅されていたんですが、そんな事は全く無く(笑)。三浦さんの作り上げた世界にのめり込む事ができました。今までに見た事がない世界をお見せできると思います」(寺島)。「三浦さんの稽古は台本が飛んでくるとか聞いてましたね(笑)。実際には稽古で三浦さんが“性の殺陣師”として(笑)、絡みを指導してくださいました」(池内)。「実際にお会いしたらまっすぐな方で、若い僕の意見も聞いてくださるし、噂を信用したらダメだなと思いました(笑)」(野村)と語った。

三浦は「1970年代の戯曲なんですが、普遍的な人間の面白さが描かれた作品なので、色々な方に見ていただけるように、エンターテインメントに仕上げたつもりです。日本の真裏のブラジルにもこういう面白い戯曲があるんだなと知ってもらえれば良いですね。この(下着姿1枚の)ビジュアルで宣伝したので、お客様の中にはスケベ心がある方もおられると思うんですが(笑)、その期待には応えられていると思います」とコメント。内野も「翻訳劇は重厚で敷居が高いと思っている方もいると思うんですが、この作品はどんな方でも楽しめるものであると稽古の段階で思いました。性的なものに対して拒絶反応がある方も笑って見られる所が結構あるので、警戒しないで見に来てください」と話した。

舞台『禁断の裸体』は4月25日(土)まで東京・シアターコクーンで、4月29日(水・祝)・30日(木)まで、大阪・シアターBRAVA!で上演。チケットは発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング