LINEで彼との距離を縮められることもあれば、ときには距離が空いてしまうこともあります。

「便利だから」といって、何も考えずに頭に浮かんだことをそのまま送ってしまい手遅れに……なんてことは避けたいですね。

今回は、つい送ってしまいがちな、気をつけたい“彼が返信に困るLINE”について解説します。

1.テンションが異常

送られてきたLINEのテンションが高かったり低かったりする場合、受け取った彼は意味が分からないので驚いてしまいます。

テンションの低いメッセージを受け取ると「どうしたの?」と聞き、気を使ってあげなければならないので彼は大変です。

彼に関係ないのなら、いきなり暗いテンションで送らないようにしましょう。

また、突然「ウケるウケる!ギャー見てみて!マジやべーって!」など、おかしなハイテンションもやめましょう。自分は面白くても受け取る彼は平常です。

前置きなし、文章なしでのおもしろ写真も送らないほうがいいでしょう。

2.いきなりスタンプだけ送られる

おはようスタンプ一個だけならまだわかりますが、挨拶スタンプ以外のものがポンと一個だけ来る場合。もちろんスタンプそのままの意味なのですが、真意がよく分からないことがあるので、ここは一言添えるのがマナーです。

また、似たものに「ネットで拾った画像を送ってくる」があります。話題はとくにないけれど何か送りたい、ということなのですが、自分の撮影した写真ならともかくネットで拾った画像を送られても、彼はリアクションに困るかもしれませんね。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます