HKT48指原莉乃、総選挙でセンター奪還宣言 地元福岡開催の背景を明かす

2015.4.8 21:23配信
 明治座で初の座長公演を行う指原莉乃

 明治座「HKT48 指原莉乃座長公演」の公開稽古および囲み取材が8日、東京都内の同所で行われ、出演するHKT48が出席した。

 本公演は、全編書き下ろしの第一部オリジナル演劇「博多少女歌舞伎 博多の阿国の狸御殿」と第二部のHKT48ライブショー「踊る!たぬき祭り」の二部構成で上演。

 初舞台で初座長を務める指原は「舞台はもともと見ないタイプで、人生でまだ2回しか見たことがありません。今回稽古を通して初めて舞台に対する思いや興味が湧いてきて、座長という名前へのプレッシャーもありますが、頑張りたいです」と熱く語り、「メンバー全員、長い間稽古しました。それぞれの成長を見てほしいです」とアピールした。

 指原は地元福岡で開催される今年の「第7回AKB48選抜総選挙」について「地元なので一人でも多くランクインできればいいなと思います」と期待を込めた。また自身が出馬に悩んだ背景として、「地元福岡の本拠地での総選挙は、実は段取りミスで東京の会場が取れなかった」ことを明かし、「それなのに私たちがゴリ押しされていると言われるのがすごく不本意で、(出馬しない事で)運営チームにけんかを売るという意味もありました」と語った。

 さらに、驚くメンバーをよそに「スタッフさんや秋元(康)さんと話して、『地元を盛り上げるためにも出たら』と言われて出ることにしました」と説明し、「頑張っているので、今年一番働いた自信もあるので1位を取りに行きたいと思います!」と宣言した。準備として「リンパをしっかり流したい。少しでも顔が小さくなるように努力しています。ファンの方には“美さっしー”と“ブさっしー”の日があると言われるので、できれば美の方を多めに」と笑わせていた。

 舞台は東京・明治座で4月8日~4月23日に上演。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング