「家族で観たい」アカデミー賞候補作に高い満足度

2012.2.21 11:22配信
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』

「ぴあ」調査による2月17日、18日公開の映画・満足度ランキングは、トム・ハンクス、サンドラ・ブロック出演の『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』がトップに輝いた。2位に人気コミックを松田翔太主演で実写化した『アフロ田中』が、3位に石井聰亙監督が改名し石井岳龍として発表した10年ぶりの新作『生きてるものはいないのか』が入った。

その他の写真

1位の『ものすごくうるさくて…』は、愛する人の死を突きつけられた少年を主人公に描いたヒューマンドラマ。出口調査では「親と子の関係を見つめ直させる作品」「家族で観たい映画。照れくさいが自分の両親にすすめたい」「男の子の怒りや悲しみが伝わってきてずっと涙がとまらなかった」なども声が挙がった。中には「オスカー候補なので観にきた」「アカデミー賞にノミネートされた意味がわかった」という観客も多く、米アカデミー賞発表を前にさらなる動員増が期待される。

2位の『アフロ田中』は、のりつけ雅春の同名漫画を原作に、彼女いない歴24年、天然パーマの主人公の奮闘を描いたラブ・コメディ。アンケート調査では「青春っていいな、と思わずつぶやいてしまった」「男同士の友情に感動!」「松田翔太は意外とアフロが似合っていてカッコイイ」「原作のくだらない笑いを忠実に再現していて満足した」など10~20代の観客から好評だった。

(本ランキングは、2012年2月17日(金)、18日(土)に公開された新作映画10本を対象に、ぴあ編集部による映画館前での出口調査によるもの)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング