条件その4 知性・教養

勉強ができる、できないというよりも、会話ができる、できないかというところに知性や教養は見えてくるものです。

そのため、あまりにも無知で話が通じないなんていうのは、致命的なマイナスポイントになります。一流大学を出ているとか、何か特別な資格を持っていなきゃいけないというようなことではないのです。

知性や教養は、学歴や家柄とも関係してきますから「ほらやっぱり」と何かと理由づけられてしまうもの。
いわば育ちを総合的に見られていると思っておいた方が良いでしょう。

条件その5 癒し系

母親が専業主婦であることが多い彼らは、家庭に癒しを求める傾向にあります。

家にいるときは必ず待っている人がいて、思いっきりくつろいで羽を伸ばすことができることを幼いころから、それがベースになっています。

家でのんびり好きなことをして、何もせずくつろいでいても、文句を言わず、優しい笑顔で癒すことのできる女性が、結局は選ばれます。

条件その6 家庭的

彼らは母親が専業主婦で、毎日手の込んだ料理を食べ続けていることもあり、同じように家庭的で美味しい料理を作れる女性に魅力を感じます。

健康のために、食材や栄養バランスなどに気を遣うことのできる女性は、それだけで彼らを惹きつけることができます。胃袋を掴むというのは、とっても重要なことなのです。

条件その7 理解がある

接待や付き合い、会議など急な予定が入ってしまっても、それをあまり気にしない女性や理解できる女性は、選ばれる確率が断然高くなります。

なぜなら、干渉されることを好まないからです。広い心で受け止められる女性が、結局は選ばれます。

お金持ちの男性に選ばれるためには、家柄や育ちといった、自分の努力ではどうにもならないものを、元々持っている女性が有利という厳しい現実もある中、そんな現実を覆すことができる部分も少なからずあるということが、分かるのではないでしょうか。

何が何でも玉の輿!と思うなら、相当の覚悟と努力を苦にせず、ひたすら行動あるのみです。

空人衣(くにえ):『ファッションマイスター』スタイリスト・コラムニスト。企業広告やパーソナルスタイリスト、高校、専門学校の服飾講師として活動の傍ら、ファッションショー企画プロデュ-ス、TV番組監修、企業講演など多方面で活躍。現在は、大人女性のライフステージの変化に沿った、装いの悩みを解決する“お洒落クライシス専門家”として活動の幅を広げている。専門は“着やせ”ファッション。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます