キヤノン、基本性能を刷新した4K対応デジタルビデオカメラ

2015.4.9 17:3配信
EOS C300 Mark II

キヤノンは、映像制作機器「CINEMA EOS SYSTEM」の新製品として、4K対応のデジタルシネマカメラ「EOS C300 Mark II」を、9月上旬に発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は180万円前後の見込み。

2012年1月に発売した4K対応デジタルビデオカメラ「EOS C300」の後継機種で、基本性能を刷新し、より高画質で豊かな映像表現を実現した。

映画業界の標準であるスーパー35mm相当のサイズで、有効画素数885万画素のCMOSセンサと、映像処理プラットフォーム「デュアルDIGIC DV 5」によって、4K映像なら1800TV本、2K映像なら1000TV本の水平解像度を実現する。

最大ISO感度は拡張時で102400を実現し、従来機種と比較してノイズを低減することで、照明機材の少ない暗所でも撮影できる。また、新CMOSセンサや「デュアルDIGIC DV 5」に加えて、独自のガンマ「Canon Log 2」や、新ビデオフォーマット「XF-AVC」の採用によって、より広いダイナミックレンジを実現する。

CMOSセンサの構造によって発生する「ローリングシャッター歪み」を従来機種よりも低減するとともに、2K/フルHD映像撮影時には映像処理に「オーバーサンプリングHDプロセッシング」を採用し、モアレやノイズの低減を実現した。

フォーカス機能では、「デュアルピクセルCMOS AF」技術によって、EFレンズでの撮影時に撮像画面の縦横それぞれ約80%の測距エリア内の被写体に対して、自動でピントを合わせ続けられる「コンティニュアスAF」に対応する。「コンティニュアスAF」中の「顔検出AF」にも対応し、すばやくフォーカスを調整できる。

AF速度は10段階で調整でき、パンニング操作や障害物によって被写体からピントが外れた場合に、再度同じ被写体にピントを合わせるまでのAF速度も7段階での調整に対応する。

このほか、EFレンズでのマニュアルフォーカス時に高精度なピント合わせをサポートする「デュアルピクセルフォーカスガイド」機能や、スマートフォンやタブレット端末のウェブブラウザからカメラを遠隔操作することができる「Browser Remote」によるフォーカス機能を備える。

対応メディアはCFast 2.0カードとSDXC/SDHC/SDカードで、CFast 2.0カードスロット×2基、SDカードスロット×1基を搭載する。なお、CFast 2.0カードには動画、カスタムピクチャーデータ、メタデータを、SDカードには動画、静止画、カスタムピクチャーデータ、メタデータ、メニュー設定情報を保存できる。サイズは幅149×高さ183×奥行き183mmで、重さは約3650g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング