橘ケンチ、舞台に「成功の予感しかない」 バートン監督“お墨付き”のドラキュラ役

2015.4.9 17:59配信
ドラキュラ役の橘ケンチ

 舞台「ドン・ドラキュラ」公開舞台稽古が9日、東京都内で行われ、出演者の橘ケンチ(EXILE)、原田夏希、神田愛莉、池田鉄洋ほかが出席した。

 本作は、1979年に『週刊少年チャンピオン』で連載された故・手塚治虫さんの原作を舞台化したドタバタコメディー。

 今回、神田と“ドラキュラ親子”を演じる橘は「いい意味でイメージを覆したかった」と、真っ赤なマントに赤のカラーコンタクトレンズを着けて登場。本日初日を迎えたが「試行錯誤しながらの稽古で自信の持てる作品に仕上がった。今のところ成功の予感しかない」と手応えたっぷりの様子で「新しい形のエンターテインメントをお届けできたら」とアピールした。

 一方、娘役の神田は、舞台の見どころを「コメディーの部分とシリアスなシーンはメリハリをつけつつ、最後は親子愛を伝えられたら」と紹介。

 そんな“大人顔負けのコメント”に「めちゃくちゃしっかりしている」とため息を漏らした橘は「愛莉がしっかりしているからこそ僕もすんなり父親役に入れた」と明かし、「もし本当に自分の子どもだったら?」という問いには「かわいくて仕方ない。溺愛しちゃうでしょうね」と既にメロメロの様子だった。

 一方、普段から“ドラキュラっぽい”と言われることがあるという橘。その理由を「彫りの深さと顔の濃さ」と分析しつつ、「前にティム・バートン監督と対談した際、『僕を役者として使うなら?』と尋ねたら『君はバンパイアだね』と言われた。その半年後にこの話を貰った時は“来たな!”と思いました」とエピソードも語った。

 舞台は、9日~14日、都内のAiiA 2.5 Theater Tokyoで上演。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング