店頭のQRコードを専用スマホアプリで読み込んで支払い

丸井グループのクレジットカード事業者であるエポスカードは11月2日に、QRコード決済サービス「EPOS Pay」を東京都中野エリアで開始した。

店舗に掲示したQRコードを、エポスカード会員向けアプリ「エポスカード公式アプリ」で読み込むと、自動でエポスカードで決済する仕組み。通常のエポスカードと同様に、買い物金額に応じたポイントが貯まり、「EPOS Pay」利用時に1ポイント単位で使用できる。

ユーザー自身がスマートフォンで読み込む方式のQRコード決済は、導入コストが他の方式より少ないため、中小規模の店舗などでの少額決済に向いている。丸井グループでは、「EPOS Pay」を通じて、近隣の加盟店への送客やプロモーションなどのエリアマーケティングを実施。今回スタートする中野エリアでの利用状況を踏まえ、他エリアへの拡大を検討していく。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます