(前列左から)ギンギツネ役の鈴木絢音、キタキツネ役の佐々木琴子、(後列左から)オカピ役の野本ほたる、タヌキ役の加藤里保菜

 乃木坂46の鈴木絢音と佐々木琴子が8日、都内で行われた舞台「けものフレンズ」2~ゆきふるよるのけものたち~初日会見に出席した。

 本作は、ゲーム、アニメ、マンガなどで展開されているメディアミックスプロジェクト「けものフレンズ」の舞台最新作。“ゆきやまちほー”を舞台に、“フレンズ”と呼ばれるアニマルガールたちの友情を描く。

 本作でギンギツネ役を務める鈴木は、「初日ということで緊張していますが、皆さんの力を合わせて頑張っていきたいと思います」とあいさつ。キタキツネ役の佐々木も「久しぶりの舞台で緊張もドキドキもしているんですが、すごく楽しみなので一生懸命頑張りたいなと思います」と意気込んだ。

 また、鈴木は「舞台の最初のシーンはキタキツネ(佐々木)と二人で出ていますが、それからいろいろなフレンズと出会って変わっていくので、その姿を見てもらえたら」と見どころをアピール。佐々木は「ダンスシーンが多いので、みんなでワイワイ楽しく踊っている姿を見てもらいたい」と語った。

 本作は、サーバルの回、アライさんとフェネックの回、PPPとマーゲイ回と、回によって一部のフレンズが入れ替わり、3パターンの舞台が楽しめることでも注目されているが、鈴木は「せりふが少しずつ違んです。似てて違うことを言うので、しっかり確認してやらないと間違えちゃいそう」と苦笑いで明かした。

 また、初演から本作に出演しているオカピ役の野本ほたるは、本作が「けものフレンズ」初出演になる鈴木と佐々木について「すごい人見知りだと聞いていたので、私たち(初演・再演時から出演しているキャスト)が話し掛けてかけていいのかなと思ってたんです」と明かしたが、最終的には「芝居の中で仲良くなった」と話し、タイトルにちなんで「“フレンズ”です」と笑顔を見せた。

 舞台「けものフレンズ」2~ゆきふるよるのけものたち~は18日まで品川プリンス クラブeXで上演。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます