「ひかりTV」で4K映像をIP放送、既存チューナーにファームアップで対応

2015.4.10 19:33配信

アイキャストとNTTぷららが運営するスマートテレビサービス「ひかりTV」は、商用の光回線を通じた4K映像のIP放送サービス(4K-IP放送)の提供を12月に開始する。

2014年6月27日から、NTT東日本とNTT西日本の光回線「フレッツ 光ネクスト」を通じて、4K-IP放送による配信トライアルを実施し、技術開発・検証を行ってきたが、商用サービスとして安定した映像の放送が可能と判断した。

解像度は3840×2160。動画圧縮方式にはH.265/HEVC、音声圧縮方式にはAACを採用する。配信速度は約30Mbpsで、フレームレートは60fps。

すでに提供中の「ひかりTV」対応チューナー「ST-4100」のファームウェアをアップデートするか、「ひかりTV」の4K-IP放送対応チューナーを搭載した4Kテレビがあれば、4K-IP放送を視聴できる。なお、「ひかりTV」の4K-IP放送対応チューナーを備えた4Kテレビは、シャープと東芝ライフスタイルが発売を予定しており、パナソニックも対応に向けて検討中。放送チャンネルや編成内容、価格などの詳細は未定。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング