【花燃ゆインタビュー】大野拓朗「そうそうたる皆さんとお芝居ができるのが幸せ。目線が合うのがうれしくて」 兄の入江九一と共に松下村塾に入り、投獄後も倒幕の志士として活躍した野村靖役

2015.4.11 8:9配信
野村靖役の大野拓朗

 NHKの大河ドラマ「花燃ゆ」で、吉田松陰(伊勢谷友介)と、松陰に最後まで付き従った兄の入江九一(要潤)を信じ、松下村塾の塾生として活躍した野村靖を演じている大野拓朗。注目の若手俳優の一人に成長した大野が、兄との強い絆と幕末の青春像について語る。

 

-出演オファーがあった時のお気持ちを教えてください。

 とにかくうれしかったです。今は、そうそうたる皆さんと一緒にお芝居ができるのが幸せです。1分1秒がとても刺激的で、お芝居をしながら、大沢たかおさんや北大路欣也さんと目線が合うのがすごくうれしくて、目をそらすものかと思っていました(笑)。

-北大路さんとはこれまでも共演の経験がありましたね。

 ええ。「三匹のおっさん」(テレビ東京系)というドラマです。大河に出演が決まった時は電話で「ご一緒させていただきます、殿」と伝えました(笑)。大河とは別のドラマの撮影現場でもご一緒することがあるのですが、そこでも大河の話をしたりしています。北大路さんがいてくださるのは本当に心強いです。

-勉強になるでしょうね。

 せりふの言い回しから、決めるポイント、目線の使い方まで、全てですね。

-野村靖という人物についてはどう思いますか。

 熱くて一生懸命で真っすぐなところと、すごく弱い部分の両方を持っていますね。根は優しいですし、家族思いなところもあります。

-野村は最初は弱々しい存在ですが、志を持って仲間と一緒に行動して、明治まで生きて天寿を全うしました。そんな彼の人生をどう思いますか。

 一番成長を見せられる役どころだと思います。最初は天真らんまんで、青さが残っていました。愛していた松陰先生が亡くなったことで心に深い傷を負いましたが、その後、自分が国を変えていこうと思い強くなっていく。そこに野村の成長があります。そして兄も亡くなったことで、「もう僕しかいないんだ」とさらに強くなる。明治になってからもずっと過激でしたし、松陰先生の言葉を後世に残す仕事もずっと手掛けました。個として、男として、侍として、どんどん強くなっていく感じを出せる役じゃないかなと思っています。不器用だからこそがむしゃらに頑張っているところも人間的です。

-ご自身と似ていますか。

 似ていますね。僕も不器用なので。野村と一緒に成長していけたらと思います。

-兄の九一を演じる要潤さんの印象は?

 クールな感じで優しいんですが、時々すごく変なことを真顔で言い出すんです。それがとても魅力的で、あんなふうに面白いことが言えるようになりたいと思います。

-塾生の中で、男として憧れる人はいますか。

 利助(後の伊藤博文)さん、というか、それを演じている劇団ひとりさんです。僕も人を笑顔にしたいという志を持ってこの仕事をしていますが、ひとりさんは現場をすごく盛り上げてくださるし、お芝居も面白い。これからはああいう要素も身に付けていきたいです。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング