大島優子主演ドラマ「ヤメゴク」舞台あいさつ 遠藤憲一「優子ちゃんの代表作になる」と太鼓判

2015.4.11 19:15配信
(前列左から)北村一輝、大島優子、遠藤憲一、(後列左から)山口紗弥加、勝地涼、本田翼、田中哲司

 TBS木曜ドラマ劇場「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」の舞台あいさつが11日、東京都内で行われ、出演者の大島優子、北村一輝、勝地涼、本田翼、田中哲司、山口紗弥加、遠藤憲一、脚本家の櫻井武晴氏、堤幸彦監督が登壇した。

 本作は、警視庁組織犯罪対策部内の「暴力団離脱者電話相談室」通称、“足抜けコール”を舞台に、そこで働く警察官の永光麦秋(大島)の葛藤と成長、周囲の人間模様を描く。

 今作が連続ドラマ初主演となる大島は「主演といえど、スッタフキャストの皆さんにおんぶに抱っこでこの位置に立たしてもらっているだけ」と控えめながらも、「それに乗っかりながら自分らしさも持ちつつ、このドラマをみんなにもっともっと好いて“病みつき”になってもらえるよう頑張ります」と熱く意気込みを語った。

 一方、指定暴力団「関東貴船組」の組長を演じる遠藤は、「ヤクザ役は実は一番大変」と苦笑交じりに告白。すかさず隣で大島が「うそだ~!」と笑うと「こう見えてそうなんだよ!見た目が怖いだけなの!心の中は間逆なの」と訴えて、笑いを誘った。

 また大島との共演は3回目という遠藤は、大島を「思いっ切りいい子。これが大島優子の代表作になると思う。よかったね」と早くも祝福モード。「ありがとうこざいます」と頭を下げた大島は「(遠藤は)敵対する役どころだけど、(迫力では)負けないように頑張ります」と今後の熱演を誓った。

 ドラマは、TBS系で初回が16日午後8時57分~10時09分に放送。通常回は毎週木曜日に午後9時~オンエア。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング