エプソン、世界最軽量のリスト装着型GPSランニング機器を開発、スポーツ機器市場に参入

2012.2.21 18:6配信
GPSランニング機器(イメージ)

セイコーエプソンは、走行距離やペースをGPSで計測する世界最軽量のリスト装着型GPSランニング機器を開発した。スポーツ機器市場向け製品の第一弾として、2012年以内の商品化を予定している。

高精度のGPSモジュールを内蔵し、手首に着けた状態で走行距離やペース、スピードを正確に知ることができる。自宅周辺や知らないコースでも、走行距離やペースを正確に把握し、効率的な練習をサポートする。

GPSランニング機器としては世界最軽量で、一般的なスポーツウォッチ並みの厚さ13mmを実現。快適な着け心地のフリー回転バンドによって、ランニング時に重さや装着感を気にすることなく使うことができる。

GPSの連続計測時間は12時間で、フルマラソンからトレイルランまで、さまざまな長時間レースに使用できる。1週間で5時間使用した場合、充電することなく2週間使える。

防水機能は5気圧防水と、一般的なGPSランニング機器が対応する家電防水規格を大幅に上回り、雨天でも安心して使える。装着したままでシャワーを浴びたり、トライアスロンで泳いだり、といった使い方もできる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング