©Disney

東京ディズニーランドでは、2018年12月25日まで、スペシャルイベント「ディズニー・クリスマス」を開催しています。

今年は、シンデレラ城の裏に、大きな生木のクリスマスツリーが飾られました。

35周年の東京ディズニーランドでしか見られない、特別なツリーを紹介します。

35周年ならではの生木のツリーの秘密

©Disney

東京ディズニーランドの開園から35年間、毎年開催されているクリスマスのスペシャルイベント。

ワールドバザールの中央に飾られる、大きな大きなクリスマスツリーを見たことがある方も多いのではないでしょうか。

しかし、2018年はその場所に35周年の特別なデコレーション「セレブレーションタワー」が飾られているため、ツリーの設置がありません。

代わりに登場したのが、シンデレラ城の裏の新しいツリーです。

本物の木で出来たツリーは、風が吹くとやさしく揺れ、生木ならではの素朴さとあたたかみを感じられます。

夜には枝の先までライトアップされ、シンデレラ城やファンタジーランドと一緒に、きらきらと金色に輝きます。

オーナメントや土台に35周年要素がギュッと詰まったツリー

©Disney

ライトアップした姿も美しいのですが、ぜひ明るいうちに近くからツリーを見上げてみてください。

ミッキーの形をした色とりどりのオーナメントには、耳の部分に35周年のロゴが入っているんですよ。

土台部分には、ワールドバザール入口から園内各所に伸びているリボンが巻かれ、下には真っ赤なポインセチアが敷き詰められています。

正面には35周年のロゴが飾られており、記念撮影にぴったりなスポットです。

 

東京ディズニーランドのスペシャルイベント「ディズニー・クリスマス」は、2018年12月25日まで開催しています。

 

撮影:YOSHI

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます