ラーメン屋や焼き鳥屋が軒を連ねる虎ノ門の一角に、この6月、カツとカレーの店「ジーエス」が開業した。

カツカレーはロース(1,300円)とヒレ(1,500円)の2タイプ。その他、チキンカレー(950円)や、ランチ限定のロースカツセット(1,000円)とヒレカツセット(1,200円)などもある。

懐具合と相談し、ロースのカツカレーを選んだ。

食べたい料理がきまったら、券売機で食券を買うスタイル。

お世辞にもご立派な店ではないし、敷居が高い店でもない。が、カツカレーをひと口食べれば、この店のレベルも、料理人のこころざしも十分納得できるはずだ。

ジーエスをプロデュースした齋藤元志郎シェフからすれば、敷居の高い店を作ることなど造作もないはずだった。けれど、あえて券売機のある、カジュアルなスタイルを選んだ。

「自分が大好きなカレーやカツを提供する店をやりたいなあって思っていたんだ。こういうカジュアルな店があってもいいんじゃないのかなあって」

齋藤元志郎シェフ

齋藤シェフは御年65歳。料理人歴45年の大ベテラン。

80年代、フランスでの修業を終え、四谷に「オーベルジュ・ド・ブリクール」をオープン。その後、熱海の「ラ・ルーヌ」を経て、静岡と目白に「旬香亭」を設立。

フレンチシェフとして輝かしい経験がある齋藤さんが、なぜカツとカレーの店を開業したのか。

じつは、フランス料理の修業を始める前は中華鍋をふっていたり、寿司を握っていた時代もあるという。

「20歳のときは、ホテルレストランのカレー担当だったんだ(笑)」

ジーエスのカレーは、いわゆるブラックカレー。ホットではないが、スパイシー。味の決め手はスリランカ産スパイスにある。

ホテルレストランのカレー担当だった時代、インドやインドネシア、タイのスパイスなど、日本で入手できるカレーのスパイスを調べていた。

そんなある日。新宿にあったスリランカ料理店に入った。

「その店で食べたカレーがとてもユニークだったんだ。面白いスパイスを使う店があるだなあって感心しました」

スリランカのスパイスの面白さを知っていたものの、店を出すまでには至らなかった。けれど、スリランカ産スパイスの香りが、細い糸のように、頭の隅に45年間たちのぼり続けた。

いまやらないと将来作ることはないだろう。いまやらないと一生後悔する。そう思い、ジーエスをオープンさせた。

「うまい肉」更新情報が受け取れます