【美女と男子インタビュー】仲間由紀恵「こういう年下男子を、お姉さんたちは『育てがいがある』と感じているはず」 突然芸能事務所のマネジャーとなったキャリアウーマン役

2015.4.14 14:3配信
 沢渡一子を演じる仲間由紀恵

 田渕久美子作・脚本のNHKドラマ「美女と男子」(14日スタート、毎週火曜日午後10時、連続20回)で、IT企業から突然傘下の芸能事務所に出向を命じられ、スカウトした新人俳優、向坂遼(町田啓太)と共に、芸能界で奮闘するマネジャーの沢渡一子を演じる仲間由紀恵。勝手の違う世界の荒波にもまれ、向坂とも衝突を繰り返しつつも不思議な絆が芽生える日々が描かれる。コメディエンヌとしての才能を発揮する仲間に、ドラマの見どころを聞いた。

 

-相手役の町田さんにはどんなイメージを持っていましたか。

 私も出演していた「花子とアン」では花子の夫である英治の弟、郁弥を演じられていましたが、その時も普段のイメージも常に笑顔で明るい感じです。でも、今回の撮影に入ってからは、私の中で郁弥という役が思い出せなくなるぐらい、遼という役を作り込んでいます。幅のある俳優さんですね。演技について二人で相談することもあります。

-どんなことを相談するのですか。

 例えば、一子が社長から「あれ(出向)は左遷だ」と言われてショックのあまり飛び出して、遼とたまたま会うシーンがあります。(精神的に)激しく揺れている一子がそこで見つけたスターの原石をどうして拾っていくのかというシーンの二人の距離の詰め方を相談しました。あと2歩進んだ方がいいのかどうなのか。そんなことも相談できるのでとても頼もしいです。

-一子のキャラクターはどんなふうに作っていきましたか。

 気が強くて野心的。でもがつがつ感が強過ぎるが故に、同僚の気持ちを分かってあげることができない、とても残念な人(笑)。演じてみると想像以上にきつい女性だったので、一つ一つ現場で修正しながら作っていきました。演じるにはパワーが要ります。毎回、怒鳴ったり怒ったり。これは体力が必要だなって思いました(笑)。

-一子に共感するところはありますか。

 結婚もしているし仕事ばかりやっているわけではないのですが、自分が弱いと思いたくなくて、自分で自分の尻をたたいて盛り上げてきた人だと思います。自立した女性として認めてもらうために頑張っている部分が大好きです。

-20回という長丁場なので、体調管理が大切ですね。

 NHKのスタジオでの撮影なので、食堂の副菜がお気に入りです。お野菜が多くてバランスがいいので(笑)。

-劇中ではエキストラも経験しますね。

 エキストラの役だと私たちもスタッフや共演者から構われなくなってきます。それにエキストラの方はご自分で防寒対策もしていて、自分で役を作っているんです。いろいろ新しい発見がありました。

-遼のような男性をどう思いますか。

 こういうタイプの年下男子を、お姉さんたちは「育てがいがある」と感じていると思います(笑)。本気になれるものを見つけた時の彼はすてきだなと思います。視聴者の方も一子と同じような気持ちで見守ってくれると思っています。

-3部構成で20話ということで、いろいろなことが描けますね。

 彼らが人として、どう成長できるか。これからあっという出来事も起きますので楽しみにしていてください。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング