北野武監督「現場では随分心配した」 超ベテラン出演者の“ジジイ”ネタを披露

2015.4.14 20:8配信
 (前列左から)萬田久子、藤竜也、北野武監督、近藤正臣、中尾彬、(後列左から)吉澤健、樋浦勉、小野寺昭、品川徹、伊藤幸純、安田顕

 映画『龍三と七人の子分たち』の舞台あいさつ付き特別試写会が14日、東京都内で行われ、出演者の藤竜也、近藤正臣、中尾彬、品川徹、萬田久子、北野武監督ほかが登壇した。

 本作は、引退したヤクザの元組長・龍三(藤)とその子分たちの奮闘ぶりを描いたコメディー。

 主演の藤は「これは人生を深く語る難しい映画ではございません。ですから、まず笑いのスイッチを入れてご覧ください。以上」と手短にあいさつした。

 また、龍三と7人の子分を演じたのは平均年齢73歳の超ベテラン俳優たち。登壇者を見渡した北野監督は「ザッと並ぶと戦没者慰霊祭のような…」と笑いを取りながら「現場は本当に楽しかったけど、随分心配したこともありました」と撮影中のエピソードを語り始めた。

 「中には、『よーいスタート!』の声が聞こえなくて『エッ?』って言う人がいたり、カンペを書いたら『小さくて見えない』っていう人…」と“ジジイ”ネタを繰り出し「衣装を着てそのまま帰っちゃう人。あとは何をとち狂ったか衣装さんを口説いているおじいちゃんがいたり、よく分かりません」と続けて、爆笑を誘った。

 さらに「今日は黙とうから始まるのが一番怖かった」と冗談めかした北野監督は「『とにかく初日までは頑張ってくれ』と。おかげさまで皆さん元気でそろっていただきまして。この映画がヒットしたら次は『龍三と七人の幽霊たち』という映画を作れると思う」という言葉で締めくくった。

 映画は4月25日から全国ロードショー。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング