【TDS】ショー鑑賞が大きく変わった! 久しぶりにシーに行くアナタのための、新“ミッキー広場”徹底ガイド

2015.4.24 10:30

東京ディズニーシー(TDS)の「ピアッツア・トポリーノ(Piazza Topolino)」、通称「ミッキー広場」。可動式のステージが登場し、ショー鑑賞の環境が大きく変化しました。この春に「ディズニー・イースター」へ遊びに行こうと思っているあなたのために、徹底紹介します。

©Disney

東京ディズニーシー(TDS)の「ピアッツア・トポリーノ(Piazza Topolino)」、通称「ミッキー広場」。

可動式の新ステージが登場し、ショー鑑賞の環境が大きく変化しました。

この春、「ディズニー・イースター」(2015年6月23日まで)に遊びに行こうと思っているあなたのために、徹底紹介します。周辺に隠れたトリビアも一緒にご紹介!

 

メディテーレニアンハーバーに可動式ステージ登場!

©Disney

昨年、2014年9月7日に終了したレギュラーハーバーショー「レジェンド・オブ・ミシカ」。

最終公演終了後、間もなく工事が始まったメディテレーニアンハーバーは、パークに入って最初に海が見える場所が高い柵で囲われ、大規模な改修工事が開始されました。

海を一部埋め立てて、陸地にし、収納式のステージを設置するという、かなり大がかりな改修。

 

©Disney

パークに入って正面の、ミッキー広場と呼ばれる場所だけでなく、「ザンビーニ・ブラザース・リストランテ」前にも、小規模ではありますが、同じく収納式のステージを設置する工事が行われました。

約半年となる工事を経て、生まれ変わったメディテーレニアンハーバー。

「ディズニー・イースター」では、「ファッショナブル・イースター」が公演されていますが、登場した新ステージのおかげで、これまでより、より広い範囲でショーが観覧できる様になりました。

 

「カフェ・ポルトフィーノ」前にバケーションパッケージ専用の鑑賞席

©Disney

大規模改修工事で新しくなったのはステージだけでなく、レストラン「カフェ・ポルトフィーノ」前には「バケーションパッケージ」専用の鑑賞席が新たに設けられました。

東京ディズニーランドには、既に、パートナーズ像の後ろ側に、このバケーションパッケージ用の座席がありますが、これまで東京ディズニーシーには、座席が常設されている場所がありませんでした。

そして今回設置されたこの場所は、ハーバー沿いに階段状に設置された座席に座ってショーを鑑賞する形になりました。

イスの下には座席表示があり、海沿いに設置された座席からは海に近く、臨場感ある鑑賞が可能になりました。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

いま人気のディズニー動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント