大和ハウス工業、装着するロボット「ロボットスーツHAL」が誕生

2015.4.15 16:43配信
「ロボットスーツHAL自立支援用(下肢タイプ)」

大和ハウス工業は、装着者の皮膚表面から生体電位信号を読み取り、装着者の思った通りに動作をアシストするCYBERDYNE(サイバーダイン)製のロボット「ロボットスーツHAL」の新製品として、自立支援用(下肢タイプ)、自立支援用(単関節タイプ)、介護支援用(腰タイプ)の3製品を、全国の介護・福祉施設向けに5月1日に発売する。

「ロボットスーツHAL自立支援用(下肢タイプ)」は、下肢に障がいがある人や、脚力が弱くなった人の動作をサポートする。従来の「ロボットスーツHAL福祉用(下肢タイプ)」の機能を向上させた。サイズは、S・M・Lで身長150~190cmまで利用することが可能。バッテリを含む重さは約14kg。動作時間は約60分。5年レンタルの場合の料金は、税別月額18万8000円。

「ロボットスーツHAL自立支援用(単関節タイプ)」は、膝や肘に装着する。膝関節、肘関節のどちらでも使用することができる。重さは約1.5kgと軽量で、持ち運びも容易にできる。座った状態や寝た状態での使用が可能。従来の「ロボットスーツHAL福祉用(下肢タイプ)」よりも自由度の高いトレーニングを行うことができる。1サイズのみで、制御部とバッテリを除く重さは約1.3kg。動作時間約120分。両側セットの場合の初期導入費用は税別40万円。5年レンタルの場合の料金は、税別月額13万円。

「ロボットスーツHAL介護支援用(腰タイプ)」は、介護者が介護を行う際に、腰部にかかる負荷や、腰痛などの身体に係るリスクを軽減する。腰に負担をかけずに動作できるので、病院や介護現場での労働環境の改善や、労働災害防止への活用が期待できる。1サイズのみで、バッテリを含む重さは約2.9kg。動作時間は約180分。初期導入費用は税別10万円。3年レンタルの場合の料金は、税別月額7万8000円。

大和ハウス工業は、少子高齢社会が求めるロボット技術の開発と普及を目指して、2008年4月にロボット事業推進室を立ち上げ、同年月にサイバーダインが開発・製造する「ロボットスーツHAL福祉用」を、介護・福祉施設などに向けてリース・レンタル販売を開始。約160施設・約360台を導入した。

また、10年11月には、セラピー用アザラシ型ロボット「パロ」を医療・介護施設や個人向けに販売を開始。12年10月には、住宅メーカーや工務店、リフォーム会社などに向けて狭小空間点検ロボット「moogle(モーグル)」の販売を開始した。さらに、昨年12月には、難聴者とのコミュニケーション・サポートシステム「COMUOON(コミューン)」を、医療・介護施設や個人などに販売を開始するなど、ロボット事業を拡大している。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング