©2018 Disney. All Rights Reserved.

ディズニー長編アニメーション最新作『シュガー・ラッシュ:オンライン』が2018年12月21日(金)に全国公開されます。

全米公開に先駆けその内容をネタバレなしでレビュー。

ゲームの世界からネットの世界へ

前作『シュガー・ラッシュ』は鑑賞必須

2012年に公開された映画『シュガー・ラッシュ』の続編である『シュガー・ラッシュ:オンライン』。

今作の舞台は前作から6年経った、現実と同じ時間軸の世界です。

前作はアーケードゲームの内側の世界観を描き出し、ディズニーでは無い会社のゲームキャラクターも出演しました。

ゲームの世界や他社キャラクターは今作でも当たり前のように登場。

説明なく描かれるので、前作の鑑賞は必須と言えるでしょう。

見事な世界観の構築

©2018 Disney. All Rights Reserved.

そして今作ではラルフとヴァネロペが新たにインターネットの世界へと冒険に出かけます。

インターネットの世界は『モンスターズ・インク』のドア倉庫のように無限のように広がる世界。

地面近くが古いネット、空に近くにつれて最新のネットという構造の未来都市風デザインです。

普段私たちが使っていて、今この記事を書くのにも読むのにも利用しているインターネットが、ディズニーの手で行ってみたい夢のある空間になります。

この世界観の作り方はさすがディズニーです。

その中にネットの負の部分も忍ばせるのもディズニーらしい描き方。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます