【驚き】ビールに合う“醸造家イチオシおつまみ”とは? 「グランドキリン」新体験イベントレポ

近年ビールの楽しみ方はますます多様化。先日開催されたキリンビール『グランドキリン』のリニューアル記念イベントでは、異なる温度での飲み比べや、チョコレートやチーズケーキとの食べ合わせなど、多彩なビールの楽しみ方を体験。ビールとチョコって合うの!? 実際に試してみました。

ビールの楽しみ方は、スタイル、産地、味など多種多様!!

3度のごはんよりビールが好き(!?)...そんな今どきビール女子のライター、祐天寺ヨリエです。

さて、日本でビールといえば、いわゆる「ピルスナー系ライトラガー」という、喉ごし爽快の金色のビールを思い浮かべる方も多いと思います。確かに、大手メーカーが製造しているビールのメインは「スッキリ金色」がほとんどですよね。

しかし実はビールにはさまざまな要素が関わっていて、分類してみるとその数は80~100になるとも言われています。近年中は特に、「クラフトビール」といわれる、ビール醸造家が丹誠込めて作る『味わい深いビール』が注目を集めています。ビールファンは、このような時代の流れを敏感に察知し、ビールの楽しみ方をどんどん広げていっているようです。

実は「クラフトビール」にこだわってきたキリンビール

誰もが知っている日本の大手酒造メーカー、キリンビール。そのキリンが販売する「醸造家の自由な発想でつくられたビール」というものがあるということをご存知でしたか? それこそが、『グランドキリン』なんです。

キリンビールはいままさに、「クラフト精神」に立脚したビール改革を続けているのだそう。おいしいクラフトビールを手軽に飲めるなんて、我々ビーラー(ビール好きの人:勝手に造語)にすれば、願ったり叶ったりです!!

実はこちらの『グランドキリン』ですが、2012年6月に発売され、今では手軽にコンビニで入手できる「本格的クラフトビール」として、これまで6商品も発売されてきたそうなのです。

このような流れを受けながら、今回『グランドキリン』はリニューアルすることとなり、お披露目イベントが開催されました。その名も「GRAND KIRIN テイスティングテラス」。
(※イベントは終了)

会場は熱気ムンムン! 見るとみーんな首をかしげながらビールを口に!?

天井の高い会場を見上げると、そこにはリニューアルされたグランドキリンの姿が。
あらためて見ても、ボトルのデザインはとてもクールで、すごーくオシャレです。
(冷蔵庫にさりげなくこのボトルが置いてあったら、ポイント高そう♪)

受付を済ませて渡されたのは「飲み比べキット」でした。

<飲み比べキットの内容>
・グランドキリン2種(温度違い・7℃/15℃)
・グランドキリン ジ・アロマ2種(温度違い・7℃/15℃)
・醸造家がオススメしてくれるグランドキリンのテイスティングシート(「飲む前に香りを比較しましょう」などのアドバイスが記載)
・チーズケーキ
・チョコ

以上。もう盛りだくさんでワクワクします!!

さっそく、どうやって飲めばいいかの指南書「テイスティングシート」を傍らに、ちびちびと飲み比べを始めてみました。

(ここで、みなさんと同様、自分自身も「首をかしげながらビールを口にしている」ことに気づく、の巻。)

人気記事ランキング