ASUS、コンパクトなベアボーンPC、190mmサイズと131mmサイズの2機種

2015.4.17 12:19配信
「ASUS VivoPC VM62N」(左)と「ASUS VivoPC VM42」

ASUSTeK Computer(ASUS)は、コンパクトなベアボーンPC「ASUS Vivoベアボーン」シリーズの新製品として、幅190mmサイズの「ASUS VivoPC VM」シリーズ2モデル、幅131mmサイズの「ASUS VivoMini UN」シリーズ3モデルを4月17日に発売する。価格はいずれもオープン。

「ASUS VivoPC VM」「ASUS VivoMini UN」シリーズともに、メモリやストレージ、OSを搭載しておらず、ユーザーが購入して取り付ける必要がある。対応OSはWindows 8.1/8/7。また、無線LAN経由でのスマートフォン/タブレット端末からの遠隔操作にも対応する。

「ASUS VivoPC VM」シリーズは、3.5インチHDDなら1台、2.5インチHDD/SSDなら2台を搭載でき、2W+2WのステレオスピーカーとBang & Olufsen ICEpowerとの共同開発による「ASUS SonicMaster」によって、クリアな音質で音楽を楽しめる。

インターフェースにUSB3.0×4、USB2.0×2、HDMI 1.4a出力×1、DisplayPort 1.2a×1、1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T準拠の有線LANポート、SDXC/SDHC/SD/MMCカードスロットなどを備える。無線通信機能は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 4.0。

ラインアップは、「VivoPC VM62N」、「VivoPC VM42」の2モデル。「VivoPC VM62N」は、CPUにインテルCore i5-4210U、グラフィックスにNVIDIA GeForce 820Mを採用し、128GBのSSDを搭載する。2.5インチストレージ×2基を備えた場合はRAID 0/1構成にも対応する。税込の実勢価格は7万5500円前後の見込み。

「VivoPC VM42」は、CPUにインテルCeleron 2957Uを採用し、ワイヤレスキーボードとワイヤレスマウスが付属する。税込の実勢価格は2万9000円前後の見込み。

「ASUS VivoMini UN」シリーズは、優れた放熱設計と冷却ファンによって、長時間でも本体の熱を気にすることなく使える。また、動作音はアイドル時で18.5dB、高負荷時でも一般的な図書館の環境音を下回る26.3dBの静音設計を実現した。あわせて、省電力設計も採用する。

インターフェースにUSB3.0×4、HDMI 1.4a出力×1、DisplayPort 1.2a×1、1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T準拠の有線LANポート、SDXC/SDHC/SD/MMCカードスロットなどを備える。ワイヤレスキーボードとワイヤレスマウスが付属する。

ラインアップは、「VivoMini UN62」、「VivoMini UN62」、「VivoMini UN42」の3モデル。「VivoMini UN62」は、CPUにインテルCore i5-4210Uを採用する。無線通信機能は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 4.0。税込の実勢価格は5万7000円前後の見込み。

「VivoMini UN62」は、CPUにインテルCore i3-4030Uを採用する。無線通信機能は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 4.0。税込の実勢価格は4万8500円前後の見込み。

「VivoMini UN42」は、CPUにインテルCeleron 2957Uを採用する。無線通信機能は、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0。税込の実勢価格は2万7000円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング