声優、歌手、女優として活躍中の高垣彩陽が朗読劇に

2015.4.17 17:20配信
高垣彩陽  撮影:石阪大輔 高垣彩陽  撮影:石阪大輔

2010年の初演より、その衝撃的な内容とピュアなラブストーリーで人気を呼び、これまで6度の再演を繰り返している『朗読劇 私の頭の中の消しゴム』。毎回複数のキャストによる日替わり上演も見どころで、7度目の再演となる今回も各ジャンルから多彩な顔ぶれが揃った。中でも高垣彩陽は、昨年6月に続いて2度目の出演。人気声優としてだけでなく、ガールズグループ「スフィア」やソロでの歌手活動でも多くのファンを魅了している高垣。近年は女優活動でも着実に成果を示している彼女に、話を聞いた。

『朗読劇 私の頭の中の消しゴム 7th letter』チケット情報

建築現場で働く浩介は、人生に疲れた日々を過ごしていた。そんなある日、仕事を通してアパレル会社に勤める薫と出会う。最初は"苦労知らずのお嬢様"と薫を見ていた浩介だったが、毎日のやりとりを経て、生来の明るさと素直さをもつ薫に惹かれてゆく。行き違いも乗り越え、ようやく結ばれた2人ふたり。だが幸せに包まれた生活に、少しずつ影がしのび寄る。薫に告げられた病名は「若年性アルツハイマー病」。浩介のことを想うがゆえに離れようとする薫だったが…。

「昨年の本番は2回だけだったんですが、それから今まで、日常生活でも(自分の演じた)薫や浩介のことをよく思い出すんです」と高垣は言う。「それは出演するより前に、いち観客としてこの舞台を観た時から始まっているんですけど…。“あのシーンはこういう意味だったのかな”とか、"ああいうセリフがあったなぁ"とか、1回観ただけで心の中に深く刻み込まれていたんです。だから演じる側になって、再び出演が決まったとき、舞台上でしか得られない"薫の幸せ"をもう一度味わえるんだ!というのがまず嬉しかったです」と、本作への並々ならぬ想いを語る。続けて「物語は浩介と薫の日記形式で進んでいくのですが、日記って誰にも見せないものだから、その時々のリアルな気持ちがそのままあふれ出ているでしょう。それが観客としても演者としても深く共感できる理由なのでは」と、朗読劇ならではの魅力も話してくれた。

小柄でキュートな容姿と確かな実力とを兼ね備える声優として活躍中の高垣だが、実は高校生の頃からミュージカルファン。少しずつ女優活動も増えており、昨年は堤幸彦監督が演出した舞台でベテラン俳優たちにも負けない存在感を示した。「今、もっともっと舞台に立ちたいという気持ちが強くなっていて。それはアニメ『ガンダム Gのレコンギスタ』に出演した時、富野由悠季監督とお話しする中で改めて感じたことなんです。生身でやるお芝居が声優の演技に役立ったりと、私にとって声優と女優のお仕事は、互いに影響し合っているもの。今後も、両方の世界での活動を続けていきたいです」

『朗読劇 私の頭の中の消しゴム 7th letter』は4月28日(火)から5月6日(火・祝)まで東京・天王洲 銀河劇場にて。高垣は5月3日(日)夜・4日(月・祝)夜公演に大貫勇輔とともに出演。

取材・文 佐藤さくら

いま人気の動画

     

人気記事ランキング