「阪神の台湾フェス」11月21日(水)→27日(火) 【8階催場】 <最終日は午後4時まで>

この数年、特に若い女性に人気の台湾。 ただ旅行に行くだけではなく、台湾のWEBサイトで商品を注文したり、日本国内で日常的に味わえる台湾料理を求める方が増えています。 本場台湾からはもちろん、京阪神を中心に台湾を愛してやまないオーナーたちの食と雑貨が約40店集結。 雑貨では台湾のクリエイターグッズを紹介するWEBサイトPinkoi(ピンコイ)主宰の人気マルシェが日本初上陸。普段はWEBでしか見られないクリエイターの作品がズラリと並ぶほか、最新と伝統両方の台湾フードも充実のラインアップ。 記念となる阪神百貨店初開催の「台湾フェア」をお見逃しなく。


人気の台湾料理のお店から絶対に食べたいソウルフードなどが登場。
朝は屋台で、昼はお店で、夜は夜市で、と1日3食を外で食べる方が多い外食文化の台湾は、まさにグルメ天国。国民食の小龍包から、日本でもブームのふわふわかき氷まで、現地のムードがあふれる台湾フードをご用意します。


「THE ALLEY」ロイヤルNo.9タピオカミルクティー(1杯)540円
ほのかにフルーツの香りを感じるアッサムティーは茶師が特別にブレンド。もちもち食感のタピオカはすべて手づくり。



「甜風(テンフー)」マンゴー氷(1カップ)901円
ふわふわに削った“綿々氷”に台湾産の完熟アップルマンゴーをたっぷりとかけて。



「サニーヒルズ」りんごケーキ(5個入り)1,501円
定番パイナップルケーキに加え、りんごケーキが関西初登場。素材を活かしたこだわりの名物菓子です。





「ダイヤメゾン」鹹豆漿<シェントウジャン>(1人前)540円 / 蛋餅<ダンビン>(1人前) 270円
おぼろ豆腐のような桜えび風味の優しいスープ。台湾風ねぎ入り卵焼きクレープ“蛋餅”もご一緒に。



「台湾料理 故郷」雞排<チーパイ>(1個)972円
ボリュームたっぷり、外はサクっと中はジューシー!独特のスパイスがきいた熱々を、ぜひ会場で。



「小宇宙食堂」水煎包<鉄板焼き豚まん>(1個)350円など
話題の「小宇宙食堂」のメニューを会場で。国産粗挽き黒豚とキャベツを入れた豚まん。



「台湾小吃168(タイワンシャオツー イロハ)」小龍包(6個)756円
ひと口食べると旨みのスープがジュワーとあふれ出します。



「台風飯店」スペシャルプレート(1人前)1,080円
甘辛く煮た豚肉“ルーロー”、黒酢鶏唐揚げ、空芯菜炒め、ビーフン、シュウマイから3つのおかずをセレクトして。



「詩宴」刈包<台湾バーガー>(1個)601円
台湾名物の角煮バーガー。ほんのり甘いふかふかな蒸しパンに分厚い角煮をサンドしました。


「台湾同客(トンクー)餃子館」鶏肉のキンカンソース(1人前) 681円
身が引き締まった淡白な鶏肉に、フルーティーなキンカンソースの味をプラスしました。



アジア最大級のデザイナーズマーケットが日本初登場!
昔ながらの懐かしい風景と都会的な雰囲気が混ざり合う独特な文化を持つ台湾は、実はデザイン先進国。今回アジア最大級のオンラインクリエーターズマーケット「Pinkoi(ピンコイ)」が主催する「Pinkoiマーケット」が日本に初登場します。期間中前半と後半で入れ替わり、計48ブランドが出店。普段はWEBでしか見られないクリエイターの作品がズラリと並びます。

<前半> 11月21日(水)→23日(金・祝)

「ZZZS」バッグ 2,251円
レトロなイラストやロゴを使った台湾らしいノスタルジックな雑貨が人気。



「Ms HowFan」ヘアバンド 2,001円
むすんだりねじったり、アレンジできるものからシンプルなものまで。多彩なデザインが魅力。



「Macaron TOE」手帳 961円など
ゆるい雰囲気のかわいいイラストやカラフルなデザインがキュート。



<後半> 11月24日(土)→27日(火)

「1983er」長財布 4,501円
革のような質感のクラフト紙とコットンを組み合わせたエコロジカルな長財布。



「meitian」バッグ 4,701円
海や月など、自然があふれる台湾の景色をデニムやツイードなど、様々な布地で表現しました。



「Littdlework」ピアス 2,202円
刺繍で綴るファンタジックな世界がアクセサリーに。



台湾通もビギナーも楽しめるイベントを連日開催!
台湾在住の作家兼コーディネーターの青木由香さんが、台湾では一家に一台あると言われる「大同電鍋」の電気釜を使って作る台湾料理の紹介など、楽しいイベントを期間中開催いたします。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
「ハピママ*」更新情報が受け取れます