キスマイ玉森裕太『レインツリーの国』映画初主演! 片岡愛之助が関西弁をアドバイス!?

「図書館戦争」シリーズの人気作家・有川浩による恋愛小説「レインツリーの国」が映画初主演のKis-My-Ft2の玉森裕太と、映画初出演の西内まりやを迎えて映画化。片岡愛之助が、医師役として特別出演。今回、大阪出身の伸行を演じる玉森は、関西弁の演技に初挑戦する。

「図書館戦争」シリーズの人気作家・有川浩による恋愛小説「レインツリーの国」を、映画初主演のKis-My-Ft2の玉森裕太と、モデルとして活躍中で映画初出演の西内まりやを迎えて映画化。11月21日(土)に公開されることが決定。また新たなキャストとして、片岡愛之助が特別出演するという情報が明かされた。

本作は、忘れられない本にまつわるラブストーリー。原作は、「図書館戦争」シリーズの第二弾「図書館内乱」の中に登場する架空の小説だったが、著者自らが作品化し、累計75万部を超えるロングセラーとなった。

玉森演じる主人公・向坂伸行は、中学時代に大好きだった「フェアリーゲーム」という本をネットで検索し、“レインツリーの国”というブログを見つける。そこにあった感想に心を動かされた伸行は、西内扮する管理人のひとみにメールを送り、そこからネットを通じて彼女と交流していく。伸行は、ひとみに会いたいと願うが、なぜか彼女は頑なに拒み続ける。実はひとみには、伸行に言えないある秘密があったのだ。

片岡は、伸行の父親・(大杉漣)の主治医役を演じる。玉森は、向坂伸行役で関西弁に初挑戦したが、片岡が撮影の合間に玉森の台本を覗き込むと、関西弁のイントネーションや意味合い、強さ、弱さなど、たくさんの書き込みがされていたと言う。玉森は、台本が真っ黒になるほど、しっかりと準備をしていたそうだ。

 

片岡愛之助

片岡は大阪出身ということもあり、「今回初共演となる玉森さんには、大変僭越ながら関西弁についてアドバイスさせていただきました」とのこと。

「玉森さんは本当に好青年で、しかも勉強熱心でビックリしました。徐々に関西弁も板についてきて、関西人の仲間に加わってほしいくらいです(笑)。『レインツリーの国』は、冬の季節に心温まるラブストーリーですので、必ずお楽しみいただけると思います。ぜひご覧ください!」

本作のメガホンをとるのは、「銭の戦争」の三宅喜重。スタッフは『阪急電車 片道15分の奇跡』や『県庁おもてなし課』など、有川作品を手掛けてきたチームが再集結した。

他にも、高畑淳子、大杉漣、麻生裕未、森カンナら豪華な俳優陣が参戦。また、映画の役作りのために30cmも髪を切った西内まりやだが、その彼女の貴重なロングヘアが見られるお宝ビジュアルも解禁となったのでご注目。

折しも、10月には、玉森のジャニーズ事務所の先輩である岡田准一主演の人気シリーズ第2弾『図書館戦争-THE LAST MISSION-』も待機中だ。

『レインツリーの国』と合わせて、この秋は“有川浩祭り”になりそうな予感!

映画とお酒をこよなく愛するライター、時々編集者、なんちゃってカメラマン。名古屋の女性向けエリア情報誌でグルメ、旅物、珍スポット、珍体験特集まで幅広くこなした後に上京し、フリーに。現在は、映画のインタビューや記者会見などをメインに執筆。マイ・ベスト・ムービーと座右の銘は『ライフ・イズ・ビューティフル』

 

いま人気の動画

     

人気記事ランキング