不用なPCを宅配便で無料回収する実証実験、京都市で5月1日から先着1万人限定で実施

2015.4.20 12:43配信
インターネットで申し込み、不用になったPCをダンボール箱に詰め、希望の日時に佐川急便が回収する

リネットジャパンは、京都市の協力のもと、不用になったPCを宅配便で無料回収する実験を開始する。回収の対象は、京都市内で先着1万人限定で実施する。期間は5月1日から6月30日。

リネットジャパンは、2014年9月に「使用済小型家電のモデル回収の実施に関する協定」を京都市と締結。小型家電リサイクル法に基づく宅配便回収を実施している。今回、回収効果を高め、資源の有効利用と適正処理の確保をさらに推進することを目的に、京都市の協力を受けて、不用になったPCを宅配便で無料回収する実証実験を行う。この実験は、小型家電リサイクル法における宅配便回収としては全国初の試みとなる。

インターネットで申し込み、不用になったPCをダンボール箱に詰め、希望の日時に佐川急便が回収する。PC本体を含む回収1回につき1箱が無料。箱に入れば、PCと一緒に小型家電も無料で回収する。PCのデータ消去ソフトも無料で提供する。オプションで、消去証明書つきのデータ消去サービス「PCデータ消去おまかせサービス」も1台税別1600円で利用できる。なお、PCを回収しない場合は、通常通り1箱あたり税別880円になる。

リネットジャパンは、小型家電リサイクル法の認定事業者として、沖縄県・一部の離島を除く全国エリアを対象に、宅配便を活用したPC・小型家電の回収サービスを提供している。回収したPC・小型家電は、国の認定工場で処理され、資源として循環利用される。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング