【社会人新生活】「ズボラ女子」の朝ごはん「あるある」5つ

早起きして、毎日手の込んだ朝食を食べて颯爽と出勤…なーんてわけには普通なかなかいきません! 現実的に多いのは、私生活までは完璧とはいえない、「ズボラ女子」たちの「リアルな朝」の光景。一体彼女たちは、この新生活のスタートの時期にどんな朝を迎えているのか? ウォッチしてみました。

© kei907 - Fotolia.com
4月は、正月と並んで日記が一番売れる時期なんだそうです。理由は「新生活が始まるタイミングだから」。みんな心機一転、新しい春に自分の思いを込めて、去年の春よりちょっと大人になった気分で歩き出します。

特に「キラキラ女子」なんかは、社会人のキホンである「朝ごはん」もまさに完璧。早起きして、毎日手の込んだ朝食をブログにアップしてから颯爽と出勤…なーんてわけには普通なかなかいきません!...現実的に多いのは、仕事は一生懸命がんばっているけれども、なかなか私生活までは完璧とはいえない、「ズボラ女子」たちの「リアルな朝」の光景です。

では一体彼女たちは、この新生活のスタートの時期にどんな朝を迎えているのでしょう?ウォッチしてみました。


【1】高いジューサーの元も取らず、スムージーブームを一人終焉させた、ズボラ女子A子のケース

世はスムージーブーム一色!

今が仕事の頑張り時でもある社会人5年目のA子は「朝食こそすべての基本」と、今まで朝抜き生活だったことを悔い改め、駅前の大型電器店へ行き、ジューサーを物色。その中にあった、低速なので酵素を壊さず栄養を摂取できるという謳い文句の「低速搾りジューサー」を大奮発して購入。これで栄養補給も毎日完璧!とばかりに息巻いていました。が。問題が2つ。

1.ジューサーの手入れが面倒。朝は時間がなく洗えない。夜仕事から帰って来たら、疲れていて洗えない。そしておのずと、使わなくなっていく…。

2.体の中からスッキリしそうだと思い、始めたスムージー。でもそもそも、自分ちの冷蔵庫自体をスッキリ管理できない私がここにいた…。しおれて正体不明の小松菜に、この世のものとは思えない真っ黒バナナ。仕事が忙しくて(と、言い訳してみる)新鮮な野菜を上手に消費&補充できず、断念。

そんなこんなで、憧れのスムージー生活は早めに断念…。ジューサー、高かったのにぃ…。でも!でも今年、仕事頑張るって決めたんだ!だから朝はしっかり栄養取るって決めたんだ!でも、でも、マメにいろいろやらない方が向いてるんだっ!!(←ただのズボラ)
 

 

…そんな朝ごはん失敗談をSNSでつぶやいたズボラ女子A子に、大好きな先輩女子が勧めてくれたのが「カロリーメイト」。栄養をバランスよく手軽に取ることができるので朝から快調!バリバリいけるよん!とのアドバイス。

さすが先輩っす!あざす!!...さっそく駅の売店で見たら「カロリーメイト・チョコレート味」を発見。何コレ、めっちゃおいしそー!というわけで、会社に着き、さっそくデスクでゆっくりメールのチェックしながら、余裕の朝ご飯にありついたのでした。う〜ん、満足!
(ていうかセンパイ、もーちょい早く教えてくれてたら、たっかいジューサー買わなくてよかったのに〜、なーんてw)

 【2】コーンフレークの朝ごはんで「フレーク呪いの館」に!? こぼし癖のあるズボラ女子B子のケース

社会人3年目の春を迎えた、片付けられない症候群っぽいところもチラホラある、ズボラ女子B子。

例えば左右違う靴を履いて出社してしまった、などという笑えない武勇伝も。そんなB子だが、仕事は大好き。今年は新人の教育も初めて任されたし!というわけで、朝のミーティングでお腹が鳴るのが気になっていたB子がまず考えたのが「朝ごはん」。彼女は自分のおっちょこちょいな性格をよく自覚していたので、火を使わず一番間違いのない「コーンフレーク」の類いをチョイスしました。

種類はたくさんあるし、牛乳をかけるだけ。手軽でラク!と、思い、数種類をスーパーで購入。

〜というわけで、1週間後〜 

気がつけば、ダイニングテーブルの上も床も、フレークがバラバラとあちこちに散らばって、目も当てられない状況に。。しかも、どこからどう移動したのか、玄関にも、リビングにも、いろいろな場所にフレークが。気がついたらフレーク呪いの館に!!(ま、映画館のポップコーンの原理ですよね。家に帰って来たら、どこからかポップコーンが落ちてくる、アレです)

これは、まずい。というわけで、解決策を模索すべく、何気なく通勤途中にふと目についた自動販売機にあったのが「カロリーメイト」。思わず、「あ、懐かしい!受験のときよくお腹すいたらよく食べてたなー!」...そして次の瞬間、「あ、まさにコレだ!!」
 

なぁんだ、こんな最高の手があったのか、とさっそく自販機にコインを投入。昔から大好きだったチーズ味をゲットしました。朝ごはんは、おいしく、栄養たっぷりで、腹持ちがいいのはもちろん、あちこち汚さないものが一番ね♪ しかし灯台下暗しだわ〜、と、つくづく思ったB子だったのでした。
 

【3】フルーツ三昧の優雅な朝食の夢が、無惨に砕け散った、ズボラ女子C子のケース

会社ではみんなに愛されている、社会人4年目の、天然系のズボラ女子C子。忘れ物が多かったり、人の話をすぐ忘れたりして、一見おっとりした性格に見えますが、知識欲が旺盛で、たくさんの資格ホルダーでもあります。中でも最近取った資格が、フルーツに関する資格。C子はその資格をすぐ生かしたいと思い、まずは自分の朝ごはんを栄養満点のフルーツで彩ることにしました。朝から脳に果糖をたっぷり注入して、もっともっと仕事もがんばって、もっともっと資格も取るぞ〜!と息巻いていたC子。

しかし台所に立ち、ふと気づきました。「私、果物食べるのは好きだけど、皮向いたりするときに手が果汁で汚れるのがめっちゃイヤだったわ」。今、気づいたか、C子よ。…そんなとき、姉のドジぶりを長年見てきた大学生の弟が、キッチンに行きそっと差し出したのが「カロリーメイト・フルーツ味」です。

「ねえちゃん、これもフルーツ、だから」。
…よくできた弟のおかげで、C子が最高の朝食を摂ることが出来たのは、言うまでもありません。
 

 

いま人気の動画

     

人気記事ランキング