生田斗真、主演作初日舞台あいさつに向けて“公開予告” 司会進行兼主役に意欲

2015.4.22 14:53配信
生田斗真らと共に完成披露舞台あいさつに登壇した鈴木亮平

 映画『予告犯』完成披露舞台あいさつが21日、東京都内で行われ、出演者の生田斗真、戸田恵梨香、鈴木亮平、濱田岳、荒川良々と中村義洋監督が出席した。

 本作は、新聞紙の頭巾をかぶった謎の男“シンブンシ”によってネット上に投稿された犯行予告動画がやがて大きな渦となり、「予告犯×警察×世論」が複雑に交錯した予測のつかない事態へと発展していくさまを描く。主演の生田は「どうも、嵐の生田斗真です。なんちゃって」と意気揚々とあいさつするも、続く言葉をかみまくり「嵐って言ったことで怒られるかなと思ってテンパっちゃって」と頭をかいた。

 演じるゲイツ役は「自分もなかなか演じたことのない役柄だったし、根底に優しさや仲間を思う気持ちが詰まっていてやりがいのある役柄が来たと思いました」と語った。新聞紙をかぶったビジュアルについては「皆さんに新聞紙をかぶってみてほしい。苦しい、暑い、前が見えない、人の声が聞こえないでなかなか大変でした」と振り返って笑わせた。

 また、タイトルにちなみ、登壇者たちがそれぞれ6月6日の公開日に絡めた“公開予告”を実施。中村監督は「75キロに体重を落としつつ大ヒットさせる」、鈴木は「公開初日までに歌手デビューする」、濱田は「6月6日まで、たくさんいろいろな人に宣伝する」、戸田は「6月6日までに身長を2センチ伸ばします。整体に行きましょう」とそれぞれ予告した。

 荒川は声高らかに「(公開初日までに)結婚します!」と予告したものの「相手も見つけないといけない。戸田さん、誰かいる?」と他人任せで、戸田から「紹介したくない」と即刻断られた。最後に生田は「初日舞台あいさつで司会進行兼主役をやります。『本日はありがとうございます、携帯電話の電源はお切りください』と言うところから。司会業はあまりやったことがないので楽しいかなと思って。楽しみにしていてください!」と予告してファンを喜ばせた。

 映画は6月6日からロードショー。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング