ORIGINAL LOVE、新作について語る

2015.4.23 10:10配信
ORIGINAL LOVE 田島貴男 ORIGINAL LOVE 田島貴男

3月4日にシングル『ラヴァーマン』をリリース、6月10日には待望のアルバム『ラヴァ―マン』を発売するORIGINAL LOVE。田島貴男に、新作についての想いを聞いた。

【チケット情報はこちら】

近年ではアイドルグループNegiccoのプロデュースや、田島貴男名義でギターとハーモニカ、ループマシーンなどを駆使しライブを披露する「ひとりソウルショーツアー」や「弾き語りツアー」を開催している彼。ORIGINAL LOVEとしての約2年ぶりとなる新作について「この曲はかなり練って時間をかけました。ソウルミュージックにこだわってORIGINAL LOVE流に味付けし、いろいろと作り込みつつ、余計な部分をそぎ落とし、必要な部分だけを残して完成した曲です。実は数年前にできあがってたんですが、ずっと寝かせていたんです。『これぞORIGINAL LOVE!』というのが強い曲だったので、発表する時期をすごく迷っていて。最近、ソウルミュージックが注目され始めているので、よし今かな!と。この曲のこだわりとして、4枚目のアルバム『風の歌を聴け』の時のリズム隊と演奏したかったので、彼らを召集しレコーディングを。他の人には真似できないような、オリジナリティ溢れる楽曲に仕上がっていると思います」とコメント。

表題曲『ラヴァーマン』以外にもNegiccoプロデュースの流れを感じさせる『クレイジアバウチュ』や『ウィスキーが、お好きでしょ(LIVE)』を収録。「Negiccoは、アイドル性も高いですが、とても音楽性が高く、今の若い人たちが作る渋谷系サウンドが面白いと思いました。自分の音楽性に近い部分も多く、すんなり入れました。これは自分にとって嬉しかったし、刺激にもなりました。元祖渋谷系がネオ渋谷系に影響されて作った曲が『クレイジアバウチュ』ですね(笑)」と説明した。

6月23日(火)東京・渋谷 CLUB QUATTROからはORIGINAL LOVEとしてのツアーをスタート。同シングルや6月に発売されるアルバムを中心に全国を駆け巡る。「『ひとりソウルショー』や『弾き語りツアー』をやることで、音楽性に広がりが出ました。それを最大限に活かして作ったのがニューアルバム。ポップでソウルフル、多彩で独自なアルバムに仕上がったと思います。自信作です(笑)!ツアーもコンセプトを一新して、新しいエンターテインメントショーに挑戦する予定。皆さんぜひ遊びに来てください!」と意気込んだ。

ツアーは7月18日(土)東京・渋谷公会堂まで全国7会場で開催。7月5日(日)福岡公演のチケットのみ4月25日(土)午前10時より一般発売開始。その他の会場は発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング